レッドブル・ホンダF1、予選Q1敗退のペレスに戦略的パワーユニット交換 / F1オランダGP
レッドブル・ホンダは、F1オランダGPの予選でセルジオ・ペレスが16番グリッドに沈んだことで、残りのシーズンを見据えて新品パワーユニットを投入して戦略的にエンジンペナルティを受ける可能性を示唆している。

セルジオ・ペレスは、予選Q1でタイムアタックに挑もうとしていたが、路面が大幅に改善するコンディションで終盤にピットレーン出口からトラフィックが発生。時間切れでアタックすることができず、Q1でノックアウトとなった。

レッドブル・ホンダは、後半戦でグリッドペナルティを受けるのではなく、今週末にエンジンを交換してそれを消化するようだ。

「可能な限り多くのパーツを交換することになるだろう」とヘルムート・マルコは Servus TV に語った。

「いわばダメージを最小限に抑え、シーズンの残りの期間にペナルティを受けないようにするためだ」

セルジオ・ペレスがノックアウトとなった理由は、セルジオ・ペレスが時間内にフィニッシュラインを越えて2回目のフライングラップを完了できなかったことにある。

予選終了後、レッドブルF1のクリスチャン・ホーナーは、ピットレーンで他のクルマに捕まってしまい、アウトラップが遅すぎたためだと説明した。

「我々は十分な時間で彼を送り出した」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「しかし、彼ら全員がピットレーンで停滞し、彼はトラックで多くを失った。明日はペレスと一緒に戦わなければならない」

「マックスはターン2と3の最初のセクターで優れていたと思う。セルジオはそこに自信を持てていなかった」

セルジオ・ペレスは、予選前からザントフォールトであまり快適には見えず、プラクティスでマックス・フェルスタッペンのペースにマッチすることができずにいた。

だが、セルジオ・ペレスは、ノックアウトされる前に順調に進んでいたと感じており、土曜日に成功するチャンスを想像していた。

「今日はとても素晴らしいマシンを持っていたのでとてもがっかりしている」とセルジオ・ペレスはノックアウトされた後に言った。

「僕たちは可能な限りすべての手を尽くした。とても良い進歩を遂げていた。今日は大きなポテンシャルがあり、いくつかのことを逃しただけと思う」

「おそらくQ1で少し多すぎる燃料を積んでいた。思っていたよりも安全ではなかったし、最終的にはピットレーンでギャップができてしまい、数秒で逃してしまった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1 / F1オランダGP