レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレス 「F1ベルギーGPで2022年の発表があると思う」
レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスは、夏休み後のF1ベルギーGPの週末に来季についての決定=チーム残留が発表されることを期待している。

昨年のF1イタリアGPの翌週、セルジオ・ペレスは、レーシング・ポイントを去ることを彼自身の声明を発表した。そして、その後セバスチャン・ベッテルを彼の後継者として加入することをチームは発表している。

それによってセルジオ・ペレスは苦境に立たされたが、3か月後、彼は1年契約でレッドブル・ホンダF1に加わった。

セルジオ・ペレスは、今回は夏休み後にニュースがあると考えており、レッドブル・ホンダF1で2シーズ目を迎えることに楽観的だ。

確固たる確実性ではないが、31歳のセルジオ・ペレスはレッドブル・ホンダF1に時々感銘を与えており、特にF1アゼルバイジャンGPではチームとの初優勝を達成した。セルジオ・ペレス自身もさまざまな浮き沈みがあったことを十分に認識している。

「当然ながら、自分の将来を知るのは早ければ早いほどいい」とセルジオ・ペレスはF1ハンガリーGPの週末の前夜に記者団に語った。

「でも、僕はチーム内で非常に快適なポジションにいるし、将来に関しても心配する必要はないと思っている」

「ベルギー(8月27日~29日)で自分の将来がわかると思う。状況は快適だし、他の場所を探す理由はない」

セルジオ・ペレスにとってプラス面は、夏休み前の最後のレースとなるF1ハンガリーGPにむけて、コンストラクターズチャンピオンシップでレッドブル・ホンダがメルセデスを上回っているだ。ペレスはそれに104ポイントとかなりの貢献をしている。

一方で、いくつかのだらしないレースもあった。最初はイモラであり、おそらく最も心配なのは、オーストリアとイギリスでの最近の2つのグランプリだ。

「全体像としては、ポイント、勝利、表彰台というでもう少し大きな結果を残しなかった」とセルジオ・ペレスは語った。

「大まかに言って、チームとかなり成長できたと思う。最初の10レースではお互いとクルマを知ることがターゲットだった」

「全体として、結果はある意味では素晴らしいものではなかったけど、その一方で、ペースは見た目よりも良かったし、あちこちで非常に小さなマージンがある」

「僕たちはチャンピオンシップで3位から数ポイント離れている。コンストラクターズをリードしていることもポジティブな点だ」

「でも、シーズンに入ってまだ10レースしか終わっていない。次の10レースがもっと重要だと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1