セルジオ・ペレス 「レッドブルF1は2台のマシンで戦えることを知っている」
F1アゼルバイジャンGPでレッドブル・ホンダF1との6回目のレースで待望の移籍後初勝利を挙げたセルジオ・ペレスが、レース週末を誇らしげに振り返った。

マックス・フェルスタッペンのタイヤパンクで幸運にもリードを奪った後、セルジオ・ペレスはF1アゼルバイジャンGPを制した。メキシコ人はすべての批評家を沈黙させ、レッドブル・ホンダF1での6レース目で、チームとの最初の勝利を勝ち取った。

3日後、レッドブル・ホンダF1のカメラの前に立ったセルジオ・ペレスは「誇りに思う」と語り、マックス・フェルスタッペン、アレックス・アルボン、そして、他のメンバーのチームの努力だったを称賛した。

「とても誇りに思う。勝利は1月1日から僕たちがどれだけ懸命に働いてきたかを示すものだ。これはハードワークが常に報われることを示している。僕たちには戦える2台のマシンがあることを知り、勝利を挙げたことはチーム全体にとって素晴らしい後押しだ。僕たちは本当にこのチャンピオンシップに勝ちたいと思っている」

だが、決して簡単な勝利ではなかった。セルジオ・ペレスはレースのほとんどでミラーに映るルイス・ハミルトンのプラッシャーを感じていた。

「本当に大変だった。ラップを重ねるごとにね」とセルジオ・ペレスは語る。

「少しのフリーエアが見つかれば、通常であればタイヤだけでなく、ブレーキや燃料も管理できる。自分のレースを走り、必要なときにオンにすることができる」

「しかし、今週末は、ピットストップ後、冷えたタイヤでルイスの前でコースに戻った瞬間からフルで走らなければならなかった。ターン2から、ルイスをラップごとに抑えるために、プッシュして、プッシュしなければならなかった」

「気を抜くとすぐに、彼はまたしつこく迫ってきたので、本当にラップごとにプッシュし続けなければならなかった」

しかし、マックス・フェルスタッペンがパンクのためにレースをリタイアしなければならなかった後、リスタートを迎えることになった。スタンディングスタートだと聞いたとき、セルジオ・ペレスは何を思ったのだろうか?

「『負けるためのものがすべて揃っている。たった2周だけで、僕はポールポジションにいる。これは負けるレースだ』と思った。だから完璧なスタートを切りたかったけど、できなかった」とセルジオ・ペレスは笑う。

「良いスタートを切ったらどうなったが誰にもわからないし、その後はラッキーだったかもしれない。全体としてはうまくいったけど、緊張は常に非常に高かった」

だが、ターンアラウンドを迎え、セルジオ・ペレスは今後はさらに向上することができると考えている。

「僕の目標は、自分自身を改善し続けることだ。まだクルマのレベルに達していない。最終的に望んだレベルに到達するために、ハードにフルスロットルで働き続けなければならない。改善し続けなければならない」

勝利は本当に完全に自分自身の功績ではなかったとセルジオ・ペレスは強調する。実際、勝利はマックス・フェルスタッペンの元に行くべきだったと認める。

「僕たちはとても良いチームを持っている。マックスが表彰式セレモニーにいてくれたのは美しかった。彼は先週末ずっと完璧にドライブしたので、勝利に値した。彼は運が悪かった。それは彼の勝利だった」

マックス・フェルスタッペンだけでなく、セルジオ・ペレスはテスト兼リザーブドライバーのアレクサンダー・アルボンのことも称賛する。

「アレックスも非常にいい仕事をしてくれている。彼はエンジニアと一緒にシミュレーターで非常に多くの仕事をしている。僕が最初にここに来たとき、彼は非常にオープンだった。彼はマシンに関するすべての問題だけでなく、マシンがどのように機能するかも説明してくれた。初日から彼からのサポートがあったのは本当に良かった」

「彼が毎週末チームと一緒に仕事をしていることに感謝している。それはチームの努力であり、最終的にはこのチームのすべての個人のハードワークのおかげでこのポイントに到達した」

レッドブル・ホンダF1はチャンピオンシップをリードしており、セルジオ・ペレス自身もチャンピオンシップで3位浮上した。

「これは6戦目だ。今どこにいても関係はない。アブダビでフィニッシュする場所が重要だ」とセルジオ・ペレスは語る。

「マシンのポテンシャルを最大限に引き出す必要がある。今シーズンはまだ長い道のりだ。何かが起こるか分からないことを知るのに十分長い間スポーツに参加してきた」

「僕たちは集中し続ける必要がある。僕たちの背後にあるすべては歴史だ。これから僕たちは楽しみにしなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1