セルジオ・ペレス 「レッドブルF1加入は今後のキャリアのためにも重要」
セルジオ・ペレスは、今シーズンにレッドブルF1で手にしたチャンスが、今後のF1キャリアにおいて“多くの扉を開く”ことに役立つと考えている。

昨年、セバスチャン・ベッテルの加入によってレーシング・ポイントとの契約を解除されたセルジオ・ペレスは、2021年にF1シート喪失の危機に陥った。

しかし、F1サヒールGPでの初優勝を含めたランキング4位のセルジオ・ペレスの強力なパフォーマンスは、レッドブルの目を引き、マックス・フェルスタッペンのチームメイトとしての1年契約を勝ち取った。

セルジオ・ペレスは、レッドブルF1で長期的な将来が保証されていないことを認識しているが、それでも今シーズンのチャンスは他のF1チームで良いシートを獲得する可能性を高めることができると感じていると語る。

「トップカーとトップチームを手にすることは、自分の可能性を引き出すチャンスだと思う」とセルジオ・ペレスは語った。

「それは間違いなく多くの扉を開くチャンスだ。その後どうなるか見ていくつもりだ」

「過去と同じように、最大限に提供し、与えられた機会を最大限に生かさなければならないそして、とにかく楽しむ必要がる」

セルジオ・ペレスは、12月にレッドブルと契約したばかりだが、2021年シーズンに向けて必要なすべてを学ぶことに完全に没頭する以外に選択肢はなかった。

したがって、忙しい冬となったが、それも非常に貴重な経験だとセルジオ・ペレスにとっては捉えている。

「とても忙しかった」とセルジオ・ペレスは語った。

「契約が成立したのは年末だったけど、モチベーションは非常に高かった。基本的に休日はなかった」

「できるかぎり準備を整えられるようにフィットネスに磨きをかけ、バーレーンでのテストですぐにスピードをアゲラエルように、その前後でファクトリーのエンジニアたちと重要なことに時間を費やしてきた」

「新しい挑戦だ。新しい人々に出会い、新しい働き方、そして、新しい技術がある」

「チームを移籍したり、違ったやり方をするときには、心をかなりオープンにしておく必要がある。それは、ドライバーとしてもあらゆる面で成長する大きなチャンスだ」

レッドブル・レーシングのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、今回のチャンスに対するセルジオ・ペレスのこれまでの姿勢い感銘を受けたと語る。

シルバーストンでのセルジオ・ペレスのレッドブルのF1マシンでの初走行を目にしたクリスチャン・ホーナーは「1つのチームで長い間ドライブしてきたチェコにとって、必然的に、手順だけをとっても、操作方法にかなりの違いがあると思う」と語る。

「だから、彼が新しいエンジニアリングチーム、メカニックの仕組み、ミーティングの仕組み、そして、レッドブルのドライバーとして彼に必要なことを知るには、我々が彼に与えることができるどんなマイレージも非常に価値がある」

「彼は非常に落ち着いていると思う。もちろん、彼はしばらく前からそこにいるし、パドックで人気のあるメンバーだ。そして、皆さんもその理由がわかると思う」

「彼は仲良くするのが簡単な人だ。彼は宿題をすべてことなしているし、冬の間に一生懸命働いて、この機会を両手で本当に掴んでいる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1