セルジオ・ペレス 「レッドブルF1と契約できるなら何でもしたい」
セルジオ・ペレスは、2021年にレッドブルF1と契約してF1キャリアを続けられるならば、大幅な減額を含めて「何でもしたい」と語った。

セバスチャン・ベッテルの加入によって今シーズン限りでレーシング・ポイントのF1シートを失うセルジオ・ペレスは、レッドブルがシーズン終了時に2021年もアレクサンダー・アルボンとの信頼関係を継続するかどうか決定するのを待っている。

セルジオ・ペレスは、F1バーレーンGPの決勝翌日の月曜日にメキシコのメディアを対象とした記者会見を開いた。噂ではその場で2021年のサバティカルを発表するとも言われていたが、実際には2021年にレッドブル・ホンダF1で走るか、サバティカルをとるかのどちらかであるという主張を繰り返した会見となった。

会見で2021年にレッドブルのシートを獲得したF1に留まりたいという願望を繰り返したセルジオ・ペレスは、必要なことは何でもすると明かした。

給与を大幅に犠牲にするか、また2021年のレッドブルと契約した場合はヨーロッパに移住するかと質問されたセルジオ・ペレスは「そうだね。何でもするつもりだ」と語った。

「F1を続けたい。成長を続けたい。あなたが指摘した2つの選択肢はどちらも問題ない。2つ目に僕はヨーロッパに住んでいる。だから何も変わらない」

セルジオ・ペレスは、2021年に他のカテゴリーについて考えていたが、2022年のF1復帰するオプションはすでにあるため、それらを却下したと語る。

「他のカテゴリーについても考えた」とセルジオ・ペレスは語った。

「正直なところ、今のところ妥協してまで行くような十分にモチベーションを与えてくれるカテゴリーはない」

「先ほど言ったように、もし来年F1にいることができないのであれば、個人的に休みを取って、自分の仕事や私生活に何を望んでいるかを考えたい。自分が何をしているのかを見るための時間をとりたい」

「2022年にF1に戻るオプションはすでにある。それは問題ではないだろう。重要なことは、自分が何をするにしても、それをやりたいと100パーセント確信したいということだ。今のところ、他の関心を引くような他のカテゴリーはない」

「確かに1年間競争から少し離れることになるだろうけど、2022年にレギュレーションが大きく変わることを考慮にいれなければならない。だから、そこは僕にあまり影響を与えないと思っている。経験があるので、F1に戻って200周以内で自分のレベルを取り戻せると思っている」

最後にセルジオ・ペレスは、2021年にF1のビッグチームの1つでリザーブドライバーのポジションにつく可能性は除外していないことをほのめかした。

「リザーブドライバーになる可能性はある。それについては議論しなければならない」とセルジオ・ペレスは語った。

「F1の最大チームのひとつのリザーブドライバーになる可能性はある。でも、リザーブとしてすべてのレースに帯同するかどうかはあまり確信していない。23戦あるし、走行することなく、家や家族のもとから離れることになるかね」

「僕のキャリアのこの時点でそれは受け入れられないだろうけど、もっと少ないレースでそれができるかどうかまだ議論中だ。自分のF1キャリアがどうなるかについてもっとはっきりすれば、それについて話をするつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1