F1 エステバン・オコン
セルジオ・ペレスは、元チームメイトのエステバン・オコンが、2019年に1年間“浪人”生活を臆することは“利益をもたらす以上に間違いなく彼を傷つける”ことになると考えていると語る。

エステバン・オコンは、彼を取り巻く一連の“奇妙”な出来事によってレースシートを獲得することができず、2019年はメルセデスのリザーブドライバーとしてF1の第一線から一歩引いて関わっていくことになる。

セルジオ・ペレスは、元チームメイトのエステバン・オコンが、2019年に1年間“浪人”生活を臆することは“利益をもたらす以上に間違いなく彼を傷つける”ことになると考えていると語る。

エステバン・オコンは、彼を取り巻く一連の“奇妙”な出来事によってレースシートを獲得することができず、2019年はメルセデスのリザーブドライバーとしてF1の第一線から一歩引いて関わっていくことになる。

エステバン・オコンは、ダニエル・リカルドがレッドブルから電撃移籍するまでルノーと契約する準備を整えていた。そして、ローレンス・ストロール率いるコンソーシアムがフォースインディアを買収して息子のランス・ストロールが加入したことでシートを失うことになった。そして、マクラーレンとトロロッソはメルセデスとの繋がりによってエステバン・オコンの採用を見送った。

1年間の浪人生活がエステバン・オコンのキャリアを傷つけることになるかと質問されたセルジオ・ペレスは「間違いなくそうだと思う。利益をもたらすよりも傷つけることになるのは間違いないと思う」と Autosport にコメント。

「F1は1年ごとにかなり進化している。将来がどうなるかなんて決してわからない。彼はメルセデスと素晴らしいポジションにいる。彼は間違いなくF1シートに相応しいし、このスポーツでベストドライバーのひとりだ」

「でも、この1年の浪人で大きく変わる可能性があると思う。たぶん、彼は戻ってきてメルセデスで走ることになると思うけど、将来がどうなるかは決してわからない」

「だから、リスキーな動きだと思っている」

セルジオ・ペレスとエステバン・オコンは、フォースインディアのチームメイトとして2シーズンを過ごしたが、しばしば同士討ちを演じて物議を醸した。

2017年のベルギーGPでは、激しい同士討ちによってお互いにレースをすることをチームが禁じられ、2018年ノシンガポールGPでの衝突はレーシングポイントによって重大なポイントを犠牲にすることになった。

過去に2009年のワールドチャンピオンであるジェンソン・バトン、現ルノーのニコ・ヒュルケンベルグと組んだ経験のあるセルジオ・ペレスは、エステバン・オコンはもっと成熟する必要があると語る。

「僕はチームメイト全員を非常に高く評価している。彼らは全員違う」とセルジオ・ペレスはコメント。

「でも、最も評価しているのはヒュルケンベルグだ。そして、エステバンはそのレベルにいると思う。彼はそのグループに属している」

「彼はまだ成熟度に欠けていると思う。でも、時間が経つにつれて身に着いていくことだと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セルジオ・ペレス | エステバン・オコン