パスカル・ウェーレイン
パスカル・ウェーレインは、2016年にF1グリッドの並ぶチャンスはまだ五分五分だと述べた。

メルセデスのモータースポーツ責任者を務めるトト・ヴォルフは、新DTMチャンピオンであるパスカル・ウェーレインのレースシートを獲得するためにマノーと交渉しているとし、可能性は五分五分だと述べていた。

しかし、マノーのシート争いは激化している。2015年にマノーに資金をもたらしたウィル・スティーブンスとアレキサンダー・ロッシに加え、インドネシア政府がリオ・ハリアントのF1デビューのために1500万ユーロの資金を約束した。

2015年にメルセデスのリザーブドライバーを務めたパスカル・ウェーレインは、マノーのチャンスについて「もちろん、そうなることを願っている」と Sport1 にコメント。

「ここまで何も確定していない。F1、DTM、またGP2もおそらく現在のベストなオプションだ。DTMとF1を組み合わせた今年を繰り返す可能性もある」

「もちろん、僕の願いはF1でレギュラードライバーになることだ。しかし、現在、トト・ヴォルフが言ったように五分五分だ」

最近、トト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグが絶えず口論をし続けるならば、ラインナップを変える可能性もあると警告した

「それについてはあまり考えていない」とパスカル・ウェーレインはコメント。

「僕のゴールはF1にたどり着くことだし、まずはおそらくカスタマーチームで経験を積みたい」

「でも、いつかはメルセデスのために走りたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: パスカル・ウェーレイン | マノー