佐藤万璃音
佐藤万璃音が、ユーロフォーミュラ・オープン(EuroFormula Open)で大活躍。3大会を終えた時点でランキング首位に立っている。

ユーロフォーミュラ・オープンは、ダラーラ製のF3シャシーを使用したシングルシーターシリーズ。F1が開催されているシルバーストーン、モンツァ、スパ・フランコルシャンといったヨーロッパの9つのサーキットを転戦し、9チーム、21名のドライバーがチャンピオンシップを争う。

佐藤万璃音(20歳)は、自動車メーカーのバックアップなしでイタリアF4、ヨーロッパF3と海外での経験を積み、今年はモトパークからユーロフォーミュラ・オープンに参戦している。

ぶっつけ本番状態で迎えた開幕戦ポール・リカールで、佐藤万璃音はレース2で優勝。続く第2戦ポーでは、レース1で3位表彰台を獲得。

そして、先週末にホッケンハイムで開催された第3戦。佐藤万璃音は、レース1でポールポジション、ファステストラップを記録する“グランドスラム”で優勝。レース2でもポールポジションを獲得して2位表彰台でフィニッシュ。獲得ポイントを104ポイントに拡大し、2位に15ポイント差をつけてランキング首位に立った。

ユーロフォーミュラ・オープンには、ホンダの育成ドライバーだる角田裕毅、名取鉄平も参戦。角田裕毅は第3戦のレース2で優勝してランキング3位、名取鉄平は11位につけている。他にもミック・ドゥーハンの息子ジャック・ドゥーハン、義足のドライバーであるビリー・モンガーらが参戦し、注目を集めている。

次戦は6月8~9日にスパ・フランコルシャンで開催される。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1関連