ピレリ F1
ピレリは、2011年にF1チームへのタイヤ供給を申し出ることを発表した。

ブリヂストンが2010年末でのF1撤退を決定したため、F1は2011年のために新しいタイヤサプライヤーを捜す必要がある。

すでにミシュランとエイボンが2011年のタイヤ供給の候補に挙げられており、ピレリアは1週間前にはF1参戦について慎重な構えをみせていた。

「ピレリは、F1世界選手権の全てのチームにタイヤを供給の提案を行います」とピレリは声明を発表。

「提案のプレゼンテーションは、5月9日のスペインでの次のF1グランプリ前に行う予定です」

ピレリの広報は、提案は来シーズンのためのものだが、詳細を明らかにすることはできないと述べた。

1991年でF1を撤退したピレリだが、先週の報道ではF1復帰には特定の条件が満たされる必要があるとされていた。

ピレリのマルコ・トロンケェッティ・プロベラ会長は、ピレリはミシュランのようにF1タイヤを13インチから18インチに変更することを希望しており、タイヤを供給することによって経済的メリットを受ける必要があると述べていた。

関連:
ピレリ、F1の新タイヤサプライヤーに決定 - 2010年6月23日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1関連 | ピレリ