F1サウジアラビアGPの開催計画に人権NGO団体が抗議
F1サウジアラビアGPの開催計画にNGO団体のヒューマン・ライツ・ウォッチが抗議。サウジアラビア国内では引き続き人権が無視されていると主張する。

サウジアラビアは、2023年にF1カレンダーに加わる準備が整えられていると噂されているが、The Guardian の報道によるとニューヨークに本拠を置く非営利の国際人権組織のヒューマン・ライツ・ウォッチは、サウジアラビアでF1が開催されることで疑わしいイメージが“洗浄”されることになりかねないと警告する。

サウジアラビアは、絶対君主制に支配された国であり、市民に対する抑圧的な措置は国際社会からの批判の標的となっている。ヒューマン・ライツ・ウォッチのミンキー・ワーデンは、そのような措置が維持されていることは以前として権ねん事項だと主張する。

「F1が人権を深刻に抑圧する場所に行くことによって、そこの状況が改善されたという証拠はありません」とミンキー・ワーデンは述べた。

「それどころか、F1の存在が人権状況を低下させ、状況を悪化させたという証拠がたくさんあります」

すでにフォーミュラEを開催しているサウジアラビアは、首都リアド近郊にキディア・サーキットを建設することを計画している。このサーキットは、元F1ドライバーのアレクサンダー・ブルツによって設計され、ハースのF1ドライバーであるロマン・グロージャンは、このプロジェクトへの支持を表明している。。

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、人権に対する標石が乏しい国でのレースを例に挙げて、スポーツは自分たちが主張する原則よりも利益と露出を優先させていると示唆した

「バーレーンとアゼルバイジャンでの我々の調査によると、F1の到着は虐待につながり、人権状況を改善することはできませんでした」とミンキー・ワーデンは語る。

「F1はそれらの国に行って人権侵害を無視し、人権侵害を軽視し、改善するための行動を取らないことにより、独自の人権コミットメント(1995年に宣言)を無視したというかなりの多くの証拠があります」

F1の広報担当は、この主張を受けて「F1は、経済的、社会的、文化的利益を含め、レースのあらゆる場所にポジティブな印象をもたらすために何十年も懸命に取り組んできました。私たちは人権の責任を非常に真剣に受け止め、この立場をすべての人種促進者と開催国に明らかにします。各国と協力し、市民に世界的なスポーツやエンターテイメントイベントに参加する機会を与えることは力になると信じています」と語った。

近年、サウジアラビアは、女性の運転禁止の撤廃と厳格な男性後見法の緩和により、批評家にいくつかの譲歩をした。それにもかかわらず、人権運動家の継続的な投獄およびジャーナリストのジャマル・カショギの殺害などの事件はヒューマン・ライツ・ウォッチとミンキー・ワーデンを感動から遠ざけた。

「実際に改革はあり、ヒューマン・ライツ・ウォッチはそれを認めていますが、継続的な弾圧を覆い隠しており、主要なスポーツイベントも進行中の弾圧を隠しています。F1は、投獄され、拘禁中に拷問された女性の権利活動家とじっくり話をするまで、サウジアラビアと取引を行うべきではありません」

「F1は、検査訪問の一環として、これらの女性(ルージャイン・アル・ハスルール、サマール・バダウィ、ナシマ・アルサダ、ヌーフ・アブドゥルアズ)を訪問し、釈放を求めるべきです」

「F1は、サウジのエージェントによるジャマル・カショギ(ジャーナリスト)の殺害とい遺体の解体が報道の自由の価値と一致しているかどうかを自問する必要があります。サウジアラビアは殺人を認めており、これは簡単な問題です」

サウジアラビアGPは、F1と年間3870万ポンド(約55億円)のレース開催料を支払う意思があると報告されており、F1とその所有者であるリバティ・メディアとっては財政的な見返りになる。さらに、国営石油会社サウジアラムコと年間5000万ポンド(約70億円)のスポンサー契約も保持られている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1関連