F1サウジアラビアGP、キディア・サーキットでの開催計画を発表
サウジアラビアは、首都リヤド近郊のキディアに新たなF1サーキットの建設を計画しており、元F1ドライバーのアレクサンダー・ブルツがサーキットの設計を担当する。

新しいサーキットは、サウジアラビアの経済をインフラやレクリエーション、観光など多数の分野に多様化することで、石油に対する依存を減らすことを目的とした『サウジ・ビジョン2030』の“目玉”になると考えられている。

キディアの最高責任者を務めるマイク・レイニンガーは、サウジアラビア当局とリバティ・メディアとの間で交渉は進行中であり、会場のインフラは2023年にレースを開催する準備が行われていると明かした。

「契約が成立し、サウジアラビアでレースが行われることを期待して施設を建設中だ」とマイク・レイニンガーはは BBC Sport に語った。

「レースの形式化はキディアでの我々の仕事ではない。それはプロジェクトの範囲外だ。だが、2023年の開業に合わせて、ここキディヤで提供される代表的なアイテムの1つとして、世界クラスのイベントを開催できる施設を建設している」

キディアにFIAのグレード1基準のサーキットを建設するというプロジェクトは、1996年のF1ワールドチャンピオンのデイモン・ヒル、元F1ドライバーのデビッド・クルサード、ハースのロマン・グロジャンが参加した金曜日のイベントで正式に発表された。

キディアのレーシングコンプレックスの設計とレイアウトは、以前ベネトンとウィリアムズのドライバーであったアレクサンダー・ブルツが担当した。同社は過去にいくつかのサーキットの設計に携わってきた。

ル・マン24時間レースを2度制したことのあるアレクサンダー・ブルツは、ロマン・グロージャンがディレクターを務めるGPDA(グランプリ・ドライバーズ・アソシエーション)の会長でもある。

「スピードパークのトラックを含め、キディアのモーションゾーンとモビリティゾーンを設計することは人生の特権です」とアレクサンダー・ブルツは語った。

「先見の明のあるキディア・プロジェクトは、トラックを設計する素晴らしい機会を提供する。これは、ドライバー、観客、そして自宅の視聴者にとって真のレーシングアリーナだ」

「このデザインは、見事な自然の景観を利用して、驚くべき標高の変化を提供する。同様に、ドライバーとエンジニアの両方に挑戦を投げ返るように設計されている。シミュレーションの結果から、コース内外で本当にスリリングな体験ができると保証できる。キディアには、世界のモータースポーツの中心になるために必要なすべてが揃っている」

昨年、サウジアラビアでのF1レース開催の噂が浮上し、今週初めに Daily Mail 、この契約がF1にとって魅力的な6,000万ドル(約66億円)の取引に近づいていると報じている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1関連