ピエトロ・フィッティパルディ
ブラジル出身の2度のワールドチャンピオン、エマーソン・フィッティパルディの孫にあたるピエトロ・フィッティパルディがF1への道をたどり始めている。

F1でお馴染みの名前では、ヨス・フェルスタッペンの息子マックス・フェルスタッペンが、レッドブルの育成ドライバープログラムの一員となり、F1デビューが有望視されている。

マイアミ出身のピエトロ・フィッティパルディ(18歳)は、最近アメリカからヨーロッパへ拠点を移し、シングルシーターの世界でF1への階段を上り始めた。

「2〜3年でピエトロはF1にたどり着くだろう」と67歳のエマーソン・フィッティパルディは述べた。

フィッティパルディ家といえば、彼の兄ウィルソンと甥のクリスチャンも元F1ドライバーだ。

「非常に厳しい道ではあるが、良いサポートがあり、彼自身とても意欲的だ」とエマーソン・フィッティパルディは付け加えた。

「彼はNASCARで実績を残しており、今年のイギリス・フォーミュラ・ルノーでよくやっている」

ピエトロ・フィッティパルディは、セルジオ・ペレスとエステバン・グティエレスをF1に送り出したテルメックスのドライバープログラムに所属しているようだ。

「ピエトロは非常に良いプログラムに加わっている」とエマーソン・フィッティパルディは認める。

「ペレスやグティエレスと同じところで、非常に構造化されており、ピエトロのF1入りを助けてくれるだろう」

「この大きなゴールを達成するために彼は全てをうまくやっている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1関連