ロードレース世界選手権 日本グランプリ ツインリンクもでぎ
ツインリンクもてぎは、2017年 ロードレース世界選手権 第15戦 日本グランプリの3日間の入賞者数を発表。3日間で8万9,501人がサーキットに足を運んだ。

3日間とも雨に見舞われた2017年のMotoGP 日本グランプリだが、決勝日は5万2,439人がサーキットを訪れ、3日間合計でも昨年を上回った。

2011年に東日本大震災が起こった際には過去最低の観客数を記録したが、それ以降、サーキットを訪れる人の数は増えており、今年まで増加傾向は続いている。

2017年の日本グランプリは、タイトル確定の可能性はなかったものの、ラインキング首位のマルク・マルケス(ホンダ)と2位のアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)が最終ラップまで接戦バトルを繰り広げ、最終コーナーでドヴィツィオーゾが逆転優勝を果たすという劇的なフィニッシュとなった。

MotoGP 日本グランプリ 観客数推移

 合計決勝日
2017年89,50152,439
2016年88,47252,216
2015年85,40350,985
2014年70,27142,856
2013年61,09740,233
2012年59,43837,459
2011年53,21233,096
2010年64,82340,113
2009年65,33241,533
2008年87,31557,865
2007年90,31457,617
2006年96,40063,195
2005年96,05069,015
2004年94,703-
2003年80,23856,008

関連:
2017年 WEC 富士6時間レース:富士スピードウェイ 3日間の入場者数
2017年 F1日本グランプリ:鈴鹿サーキット 3日間の入場者数

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: MotoGP