F1モナコGP、喪失の危機は現実的? F1チーム代表も変化を求める
F1チーム代表は、モナコグランプリが歴史的な毎年恒例のストリートレースをカレンダーに存続させるためにギアを変更する必要があるとの噂が見当外れではないことを認める。

マイアミやラスベガスなどの会場での新しいレースでF1が劇的に変化するにつれて、モナコ、スパ・フランコルシャン、モンツァのような最高の栄誉を与えられてきたイベントでさえ安全ではないことが明らかになりつつある。

「明らかに状況は変化している」とハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは語った。

「我々は常に進化と発展を遂げる必要がある。現状を維持するためにモデルを変更する必要がある場合は、変更する必要があると思う。我々は過去に生きることはできない」

「モナコは適切な状況でカレンダーにとどまることができることを願っている」

モナコグランプリの主催者は、すべてのグランプリプロモーターの中で最も低いレース料金と支払っていると考えられており、モナコの問題の中心にあるのは経済的な考慮事項であることは明らかだ。

「モナコが新しいサーキットで『すべてのサーキットの中で最低料金で、そこに行ってもオーバーテイクはできない』と言われたら、カレンダーで受け入れられることはないだろう」レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは語った。

「我々はモナコの遺産と歴史のおかげで対応している。それだけだ。進化しなければならないと思う」

「じっと立っていると、後退する。それはスポーツのあらゆる側面に当てはまると思う」

アルファロメオF1のチーム代表であるフレデリック・ヴァスールは、モナコが「昔ながらの状態を維持することはできない」ことに同意する。

「モナコについてだけ考えているわけではない」とフレデリック・ヴァスールは語った。

「それはすべてのグランプリにとって良いレッスンだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1モナコGP