ロマン・グロージャン 「シューマッハはハースF1の負のスパイラルの犠牲者」
元ハースF1チームのドライバーであるロマン・グロージャンは、ミック・シューマッハはチームの負のスパイラルの犠牲者だと考えている。

F1での2年目のシーズンを迎えているミック・シューマッハだが、ハースVF-22が大幅に改善したにもかかわらず、F1でまだポイントを獲得できていない。

今年、ミック・シューマッハは、冬休み中にチームメイトが交代したことでさらに精査されている。同期デビューで経験の浅かったニキータ・マゼピンは去り、代わりに、ベテランのケビン・マグヌッセンがハースF1チームに戻ってきた。

ケビン・マグヌッセンは開幕戦バーレーンで5位でフィニッシュし、その後3レースでさらに2ポイントを獲得して注目を集めた。だが、ハースF1チームは過去5レースでポイントを獲得していない。

ケビン・マグヌッセンは、F1スペイングランプリのオープニングラップでルイス・ハミルトンと接触し、二人はがモントリオールで再び接触した一方で、ミック・シューマッハがモナコで単独クラッシュするなど、いくつかは自傷行為のインシデントを起こした。しかし、バクーでのケビン・マグヌッセンのリタイアやポイント圏内で力強く走行中にリタイアしたシューマッハのようなインシデントは、ロマン・グロージャンによると、ハースF1チームの「典型的」な負のスパイラルの兆候だと語る。

現在、インディカーでレースをしているロマン・グロージャンは、2016年から2020年の間にハースF1チームで5年間過ごしました。グロージャンは、何年にもわたって素晴らしいレースと予選の結果を経験した後、ハースF1チームが単に車のパフォーマンスを解き放つことができなかった2019年と2020年のシーズンのようなチームの大スランプも経験した。

ミック・シューマッハはまだF1でノーポイントだが、ロマン・グロージャンは、他の車が開発を進める一方で、ハースF1チームはまだVF-22にアップデートを導入しておらず、シューマッハがチームの負のスパイラルの犠牲者になっていると考えている。

「彼(シューマッハ)はコース上で立ち直らなければならない」とロマン・グロージャンはGPFansに語った。

「最近、彼はいくつかの荒れたレースをしている。車が少し後退しているので、車は役に立たないと思う」

「おそらく、彼は、シーズンの早い段階で5位フィニッシュやいくつかのポイントを獲得したケビンがしたことをやりたいと思っているんだろうけど、現在、アップデートがないため、車はそれを行うことがでない」

「それはハースF1チームにとって非常に典型的なことだ。スタートは良くて、後退する。僕はあまりによくそれを知っている」

「今のミックのように5位を目指して、ポイントを獲得しようとすると、絶対に間違いを犯し始めるし、それが起こっている。ですから、時間をかける必要があるし、遅いほうが速いときもある」

ミック・シューマッハとハースF1チームとの契約は2022年シーズンの終わりに更新される予定だが、費用のかかるクラッシュが相次いだ後もフェラーリのジュニアドライバーが維持されるかどうかについて疑問符が付けられていまる。

だが、ギュンター・シュタイナーは、彼らの関係が緊張しているとの見方を軽視しており、2023年以降の会談は8月の夏休みまで開催されないことを明らかにした。

「我々がお互いに話をしなていないというのは騒ぎすぎだ」とギュンター・シュタイナーはBildに語った。

「他の人が、我々が良い関係を持っていないように見えるかに語っていることに大笑いしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / ロマン・グロージャン / ハース