メルセデスGP
メルセデスGPのチーム代表ロス・ブラウンは、チームのFダクトがまだ効果的に働いていないと語る。

メルセデスGPは、中国GPからFダクトを導入したが、まだその働きに完全には満足していない。

ロス・ブラウンは、メルセデスGPのFダクトがまだストレートであまりに多くのドラッグを発生させていることを認めている。

「きちんと働くFダクトは、両方が働いている。コーナーではダウンフォースがあり、ストレートではドラッグを減らしている。現時点で我々はストレートで十分にドラッグを減らせていない」

「以前に言ったように、マクラーレンはそのコンセプトを思いつくのに十分にクレバーだったし、多くの経験がある。トルコでは特定のチームが断念していたし、きちんと働けば非常にパワフルなツールだ。我々はそれに忍耐強く取り組んでいる」

「特定のやり方で取り組んでいるが、まだ完全には利益を得られていない。我々のFダクトに正しい妥協点を見つけている。我々はストレートスピードでやっや弱いだろうが、タイムとタイヤの一貫性のためには最高の妥協点だ」



関連:Fダクトとは

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: メルセデス