メルセデスF1 「W13のすべての癖を完全に理解できたわけではない」
メルセデスは、ライバルのレッドブルとフェラーリに敗れ、F1新時代を乗り切るのに苦労した挑戦的なシーズンをランキング3位でようやく終えた。

メルセデス W13は、早い段階でポーパシングにひどく苦戦し、ジョージ・ラッセルがブラジルでメルセデスを1-2でリードすることを可能にした年間のいくつかの良い進歩にもかかわらず、依然としてトップに対するパフォーマンス不足を抱えたままシーズンを終えた。

メルセデスは、今年はグラウンドエフェクト効果の新しいレギュレーションへのベストなアプローチを理解するのに役立つ貴重な教訓を提供したと述べているが、今年の問題をすべて完全に理解しているわけではないと認める。

メルセデスF1のチーフストラテジストであるジェームス・ボウルズは、チームがマシンを完全に把握したかどうか、つまり来年のW14がすべての弱点を排除したかどうかとの質問に「今、もしくは冬の間でされ、W13についてすべてを知っているとは実際に言えないと思う」とメルセデスF1チームの動画で語った。

「いくつかの浮き沈みがあった。かなりのものだった。この車には、我々が理解していると信じている項目があり、その結果としてまだ完全に説明されていないものもある」

「しかし、今後の方向性、特にレースペースでのフロントとのギャップを見ると、我々は大きな進歩を遂げた。それは、問題がどこにあるかを理解し、それに取り組み、チームとして取り組むことによってのみ実現できる」

メルセデスF1は、2023年シーズンに向けて車のコンセプトを変更する準備ができているようだ。

メルセデス W13 は、地面に対して非常に低い位置で走行している場合にのみ最高のパフォーマンスを発揮でき、その結果、ポーパソングやバウンシングが悪化したため、多くの被害を受けたと考えられている。

アプローチの変更は利益をもたらす可能性があるが、メルセデスは、先週末のアブダビで、メルセデスとレッドブルの間に大きなパフォーマンスギャップが残っていたことにまだ気を配っている。

「我々が持っている自信は、組織内に競合他社よりも優れたパフォーマンスを生み出すツール、風洞ツール、開発ツール、パフォーマンス ツールがあるということだ。それにより、競合他社よりもさらに前進することができる」とジェームス・ボウルズは語った。

「とはいえ、まだ伸びしろがあり、実際にアブダビはそれを示した。冬の間に追いつかなければならないが、それを行うための非常に良いプロセスとシステムが整っていると思う」

「シーズンを通して見られた成長は、冬の間も続くだろうし、来年は非常に強力な場所にいると思う」

ジェームス・ボウルズは、間違いを正すために団結する必要があり、メルセデスF1チームは組織として力強くシーズンを締めくくったと考えている。

「我々は成功に慣れ、勝利に慣れ、トップに立つことに慣れているチームだが、そうではなかった」とジェームス・ボウルズは語った。

「そして、それは本当に組織をポジティブに変えた。この結果で、我々ははるかに良くなり、それがキャラクターを構築し、その結果として自分自身を構築した」

「チャレンジングだったた。それについては疑問の余地はない。我々は慣れ親しんだポジションにいなかったし、その結果、前進するために確実に適応しなけれなならない。そして、我々はそうしている」

「シーズンの初めと比べて、終わりにどれだけ前進したかを証明したと思う」

「このチームは、これまで以上に団結しなければならなかった。この困難な時期に、チームが分裂するのは非常に簡単だったが、そうしなかった」

「ドライバーたちは団結しており、グリッド上で最高のドライバーラインナップを持っていると確信している。2人の素晴らしいドライバーがお互いにプッシュしているが、チームとしてクルマをより良くするために働いている」

「ブリックスワースとブラックリーの両方にチームがあり、トラックにもチームがあり、すべてが1つの目標を念頭に置いて協力している。それは必ずしも勝つことではなかった。来年も勝利の道に戻れるように我々が持っているパッケージを理解していることを確認することだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス