メルセデスF1 「W13のパフォーマンスに過度に楽観的すぎた」
メルセデスF1チームのトラックサイド エンジニアリング ディレクターを務めるアンドリュー・ショブリンは、ドイツ チームが2022年の新しいF1レギュレーションに先立ってW13への期待について楽観的すぎたことを認める。

メルセデスがバーレーンでのプレシーズンテストで採用したデザインアプローチは、グリッド上で最も急進的なアイデアの1つだった。もちろん、それはW13のサイドポッドであり、ほぼサイドポッドのない“ゼロポッド”コンセプトはライバルチームを驚かせた。

だが、W13は8年連続でコンストラクターズチャンピオンシップを連覇してきたメルセデスF1チームの期待に応えることはなく、グリッド上でポーパシング/バウンシングの最悪のケースの1つに奮闘することになった。

「とても興味深い旅でした」とアンドリュー・ショブリンは最近のインタビューで語った。

「クルマを走らせることができると思っていた場所について、我々は過度に楽観的だったと思う」

「我々が投入したマシンは地面近くで多くのダウンフォースを持っていたので、実際にコース上でマシンを走らせるには多くの問題があった」

「我々は望んでいる場所にはないが、進行方向は問題ないようだ。そのため、我々はそれを改善しようと懸命に取り組んでいる」

メルセデスW13のパフォーマンスの向上は、2022年シーズンの重要なトピックであり、レッドブルとフェラーリのフロントランナーに徐々に近づいている。

この車は、スパ・フランコルシャンやモンツァのようなローダウンフォース/高速サーキットとは対照的に、ブダペストやザントフォールトなどのハイダウンフォース トラックにより適していることが明らかになっている。

「スパは非常に興味深いものだった」とアンドリュー・ショブリンは付け加えた。

「当時はとてもつらかったが、最悪の週末は最も多くのことを学ぶことができるとよく言われている」

「そこから学んだことは、将来的にマシンのどの部分を開発する必要があるかを示している」

「ザントフォールトでは、より競争力があることを期待していたので、それがうまくいったことは心強いものだった。根底にある問題は、我々がどのようにクルマを開発してきたか、空力パッケージとしてどのように機能しているかに根ざしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス