メルセデスF1代表 「マンチェスター・ユナイテッドの没落を研究した」
メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは、F1チームのフォームを改善するために、マンチェスター・ユナイテッドの近年の不振な結果を研究したことを明らかにした。

2014シーズンの開始以来、メルセデスF1チームはF1を支配し、2014年から2020年にかけてすべてのタイトルを獲得している。昨年は、マックス・フェルスタッペンにドライバーズタイトルを奪われたものの、8年連続でコンストラクターズトロフィーを獲得した。

しかし、新しいF1レギュレーションが導入された2022年、メルセデスF1チームは、レッドブルとフェラーリのペースに大きく遅れをとっており、9年ぶりにタイトルを逃すことになりそうだ。

マンチェスター・ユナイテッドはかつてアレックス・ファーガソン監督の下で世界で最も競争力のあるサッカーチームの1つだったが、彼が去って以来、チームは苦戦している。

アレックス・ファーガソンは、26年間の在任期間中にマンチェスター・ユナイテッドとイングランド フットボールの両方を変え、2013年に引退するまでにクラブは38のトロフィーを獲得した。

トト・ヴォルフは、まだアレックス・ファーガソのレベルの遺産には達していないが、F1での彼の歴史は、コンストラクターズチャンピオンシップの優勝という点でフランク・ウィリアムズにのみ打ち負かされており、彼はスポーツの歴史の中で最も支配的な時代を監督してきた。

トト・ヴォルフは、アレックス・ファーガソンの治世後のマンチェスター・ユナイテッドを研究し、彼らの過ちを繰り返さないようにしたと語る。。

「偉大なチームが偉大なタイトルを繰り返すことができない理由を研究した」とトト・ヴォルフはアレックス・ファーガソン時代のマンチェスター・ユナイテッドに言及してFinancial Timesに語った。

「世界選手権で8連覇を達成したスポーツチームは、どのスポーツにもない。それには多くの理由があるが、その中心となるのは人間だ」

トト・ヴォルフは、メルセデスF1チームに関わる1000人以上の従業員の士気を維持する責任があり、チームが成功を収めたマネージャーと同様に自己満足は命取りになると語る。

「人間は自己満足する。以前と同じようなエネルギーを沸くことはなく、野心的ではなくなるかもしれない」

「『どれくらい難しい?』という質問をよく受ける。私は人生で非常に多くの期間、判断の難しい非常に多くのエピソードを経験した。同じスケールのものはない」

「特にF1ではなく、これまでの人生ではるかに困難な時期を過ごしてきたので、ある意味でチャレンジングだったとは思わないが、これは実際には私の快適ゾーンの範囲内だ」

メルセデスF1チームの現在の苦戦にもかかわらず、トト・ヴォルフはこの挑戦を楽しんでいることを認め、長期的に改善するチャンスだと考えている。

「私は、それが長期的な将来の成功の基礎になると信じているので、現時点で間違っていることを楽しんでいると言える」とトト・ヴォルフは語った。

「我々は8回連続でワールドチャンピオンを獲得した。これは他のスポーツではないことだ。そして、私はその理由を知っていると思う」

「現時点では、様々な側面が集まって物事をより困難にしていますが、最終的には物理学に行き着く。我々は物理学を間違えた」

アレックス・ファーガソン マンチェスター・ユナイテッド

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス