メルセデスF1、ニック・デ・フリースをF1フランスGPのFP1に起用
メルセデスF1は、今週末のF1フランスグランプリのフリー走行1回目にルイス・ハミルトンに代えてニック・デ・フリースを走らせることを決定した。

2022年は、10のF1チームすべてが、2回のFP1セッションで「ヤングドライバー」を走らせる必要がある。ヤングドライバーは「キャリアの中で2回以上のF1世界選手権レースに参加したことがない」ドライバーと定義されている。

ニック・デ・フリースは、金曜日のポール・リカール・サーキットでの最初のプラクティスセッションで、ルイス・ハミルトンに代わってメルセデスW13を走らせる。

ニック・デ・フリースはすでに今年のF1スペインGPのFP1でウィリアムズをドライブし、F1を味わっている。

F2とフォーミュラEでチャンピオンを獲得した豊富なモータースポーツ経験にもかかわらず、ニック・デ・フリースはヤングドライバーの基準を満たしている。

ニック・デ・フリースは、2022年にウィリアムズとF1デビューを果たすための枠内にいたが、アレクサンダー・アルボンとのシート争いに敗れた。

メルセデスF1は、F1フランスグランプリの週末前のプレスリリースで次のように概説している。

「FP1ではルイス・ハミルトンの代わりにニック・デ・フリーズがドライブする。シーズン中、各ドライバーはヤングドライバーのための最初のプラクティスセッションの1つをあきらめる必要がある」

「ルイスは彼のセッションのためにフランスでのFP1を選択。ジョージはシーズン後半に行われる」

メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ F1 フランスグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1フランスGP