メルセデスF1代表 「信頼性100%の記録にあまり興奮したくはない」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2022年シーズンのチームの優れた信頼性の記録にあまり夢中になっていない。

コンストラクターズタイトルを8連覇してきたメルセデスF1だが、今年は新世代F1マシンの深刻なポーパシング(ポーポイズ現象)に苦しめられており、タイトル争いから外れている。

現在、メルセデスF1は、コンストラクターズチャンピオンシップでレッドブルから116ポイント差の3位。ジョージ・ラッセルはドライバーズ選手権で首位のマックス・フェルスタッペンから64ポイント差の4位となっている。

しかし、メルセデスF1は誇りに思うことができる1つの記録を保持している。今シーズンのF1グリッドで1回のリタイアも喫していない唯一のチームとなっている。

ただし、メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、信頼性の記録はすぐに悪い記録になる可能性があることを知っており、あまり興奮していない。

「両方のチーム(レッドブルとフェラーリ)が車を止め続けているのは可笑しいことだ」とトト・ヴォルフは語った。

「しかし、それは非常に速く反対方向に振れる可能性があるので、それに満足することはできない」

「我々は信頼性に満足している。昨年、我々がエンジンをどのように使用したかを見れば、他の現象と多くの問題があった。だから、あまりにも早く興奮したくない」

フェラーリでは、スペインとバクーでのシャルル・ルクレールのエンジン故障がレッドブルとのタイトル争いで非常にコストがかかることが証明された。カルロス・サインツもアゼルバイジャンで油圧の問題が発生し、信頼性の問題を回避できていない。

フェラーリのF1チーム代表であるマッティアビノットは、フェラーリのパワーユニットが比較的新しいコンセプトであると考えているが、信頼性をタイトル争いの決定要因とは見なしていない。

「信頼性は確かに重要であり、パフォーマンスと同じくらい重要だが、それが唯一の要因になるとは思っていない」とマッティア・ビノットはモントリオールで語った。

「今からシーズンの終わりまでの開発は別の問題だと思う。予算制限があり、そして、最終的には信頼性がある」

「パワーユニットは、これまでに比べてまったく新しいデザインだ。問題が起こっているのは若いプロジェクトだからであるのは確かだ」

「それに加えて、過去に存在しなかったダイナモの制限があるため、ダイナモで多くを走らせることはできない。制限がある。つまり、そのエクセサイズはより複雑だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス