メルセデスF1代表 「ジョージ・ラッセルの活躍を疑ったことはなかった」
メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは、ジョージ・ラッセルがワークスチームでどのようにパフォーマンスを発揮するかについて疑いを持ったことなかったと語る。

メルセデスF1のジュニアドライバーとして数年間チームに所属していたジョージ・ラッセル(24歳)は、ウィリアムズとのF1での3シーズンの後、2022年にメルセデスF1のワークスチームに昇格した。

2022年にジョージ・ラッセルは力強いスタートを切り、シーズン最初の5ラウンドのすべてでトップ5のフィニッシュを記録している。

現在、ジョージ・ラッセウルは、ドライバーズチャンピオンシップで4位につけており、新しいシーズンのスタートで困難に耐えているチームメイトのルイス・ハミルトンを23ポイント上回っている。

トト・ヴォルフは、ジョージ・ラッセルとのパートナーシップで長年を過ごしてきたことで、ラッセルがチームで力強いパフォーマンスを発揮することを疑わなかったと語る。

「ジョージが、F3のルーキーイヤーでタイトルを獲得し、そしてF2でタイトルを獲得した実績を見れば、彼が非常に優れていることが分かった」とトト・ヴォルフは語った。

「そして、明らかにウィリアムズのスクールがその役割を追加し、我々は彼が非常に優れていることを疑ったことはなかった」

トト・ヴォルフはまた、ジョージ・ラッセルがグランプリの週末のプレッシャーにどのようにアプローチし、対処したかについて賞賛した。

「それがコースで具体化していることが分かる。私は彼のアプローチがとても好きだ」とトト・ヴォルフは語った。

「彼は非常に合理的で、P2で最速であろうと、11位であろうと、科学を応用して車をより速くしようとしているだけだ」

「ハミルトンとラッセルが一緒に仕事をしているのを見るのは楽しい。二人ともレベルが高い」

「そして、それは我々をコンストラクターズチャンピオンシップでまともな状況に置いている。私はこれ以上のペアリングを望むことができない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ジョージ・ラッセル