メルセデスF1代表 「次世代F1エンジンは交渉が必要な細かな問題がある」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2026年の次世代F1エンジンの主要なパズルのピースは揃ったが、まだ詰めなければならない小さな問題があると語る。

持続可能な未来に向けたF1の推進の一環として、次世代F1パワーユニットはその大きな要因になってくる。F1は、新しいF1エンジンに完全に持続可能なバイオ燃料を開発している。一方で、MGU-Hはコスト削減策の一環として廃棄されるが、電気面にも重点が置かれる。

また、潜在的な新しいメーカーも交渉に参加しており、特にフォルクスワーゲン・グループのポルシェとアウディはF1参戦が期待されている。

しかし、トト・ヴォルフは、さまざまなメーカーが関与しているこのようなレギュレーションは、最終決定に時間がかかると指摘し、最終決定に向けて進展は見られているが、解決すべきいくつかの問題がまだあると語る。

これらの新しいF1エンジンが製造されるのに2026年までかかる理由を尋ねられたトト・ヴォルフは「単純に自動車メーカーの開発時間は非常に長くかかる」とAuto Motor und Sportに語った。

「持続可能な燃料を備えたまったく新しいエンジンだ理にかなったか知的な方法で行えば、時間がかかる」

「大きな問題は発生していないが、まだ交渉が必要ないくつかの問題点がある」

シャシー側では予算上限がすでに設定されているが、新しいF1エンジンにも新たな予算上限が導入されると予想される。コストは、今日のF1で使用されるパワーユニットの現在の落とし穴だ。

新しいユニットでエンジンの支出を制限したい場所を尋ねられたトト・ヴォルフは「7000万ドル(約80億円)だ。新しいエンジンの準備ができた瞬間からね」と語った。

マクラーレンは最近 フォルクスワーゲンとの交渉が行われたことを確認したが、彼短期から中期の焦点はメルセデスのF1エンジンにとどまっている。

アウディはマクラーレンとの契約を結ぶことに関心を持っていると最も一般的に信じられているが、ポルシェは レッドブルと深く結びついている。

しかし、トト・ウォルフは、メルセデスと他の確立されたメーカーがポルシェとアウディを恐れていないことを保証した、代わりに彼らの興味と潜在的なF1関与を歓迎している。

ポルシェとアウディを取り巻く脅威について「まったくそんなことはない」とトト・ヴォルフは語った。

「2社が参加すれば、センセーショナルになるだろう。そこも最もサポートする必要がある」

とは言うものの、トト・ヴォルフは、新しいF1エンジンルールを作成する過程で、現在の3つのメーカーを「尊重」する必要があると強調あうる。

もちろん、F1には実際には4つのメーカーがある。メルセデス、フェラーリ、ルノー、そして、現在はレッドブルだ。レッドブルは、2021年の終わりに徹底したホンダのF1エンジンを引き継いでいる。

「しかし、ルールブックが作成されたとき、我々は現在の3つのメーカーが尊重されていることも確認したかった」とトト・ヴォルフは述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1マシン