メルセデスF1、次戦投入のアップグレードは「非常にエキサイティング」
レッドブル・ホンダF1に5連勝を許し、ドライバーズとコンストラクターズの両方でリードされているメルセデスF1は、来週末のF1イギリスGPで投入するアップグレードでレッドブル・ホンダの勢いを止めることを目指している。

メルセデスF1が、今シーズンの優位性を取り戻す可能性は低いようだが、少なくともレッドブル・ホンダの現在の優れたパフォーマンスに匹敵し、シルバーストンでの次のレースからいくつかのポイントを取り戻すことができると期待している。

「スプリント予選」のデビューにより、通常のイベントより5ポイント多い最大49ポイントが提供される。

最近、メルセデスF1はW12の開発を中止したと述べていたが、トラックサイドエンジニアリングディレクターであるアンドリュー・ショヴリンは“非常にエキサイティング”と表現するアップグレードをシルバーストンで投入する。

「オーストリアではクルマが特にうまく機能していなかったため、バランスを正しくとることが非常に難しく、エンジニアとドライバーはそれに非常に懸命に取り組む必要があった」とアンドリュー・ショブリンは語った。

「それを終わらせるのは素晴らしいことだ。シルバーストンを楽しみにしている。非常にエキサイティングな良いアップデートがある」

アンドリュー・ショブリンは、ルイス・ハミルトンを応援する強力な英国の群衆と、シルバーストンで成功した彼らの歴史が、運命が好転させることを期待している。

「我々はホームの観客を楽しみにしている。たくさんのルイスファンが来てくれるだる。そして、我々のマシンがうまく機能したトラックでもある。したがって、再編成して、結果を分析し、マシンの向きを変え、アップデートされたボディワークで次のレースに備えるために数日かかるが、より良い週末を目指して楽観的だ」

「シルバーストンはマシンに合っているだろうか? オーストリアは我々が長年苦労してきたトラックだと言っても過言ではない。難しいサーキットであり、我々のマシンには合わないようだ。我々それらの問題を理解しようとしている」

「それどころか、シルバーストンは我々が非常にうまくいく傾向があり、ルイスはそのサーキットを本当に楽しんでいる。いくつかはレイアウトと高速性によるものだが、彼がホームの群衆からの素晴らしいサポートによるものもある。したがて、我々はそれを楽しみにしている。それでも、まだチャレンジングなレースの週末になるだろう」

「我々はスプリントフォーマットに対処しなければならない、より良いショーを行い、レッドブルと戦えることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1イギリスGP