メルセデスF1代表 「レッドブルとアストンマーティンは飛躍する可能性がある」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2021年のF1世界選手権でメルセデスF1が追いつかれる可能性があると警告する。

一方、ライバルであるレッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナーは、現役王者メルセデスF1が2021年のF1世界選手権でも支配を続ける可能性があると警告している。

クリスチャン・ホーナーは「彼らは昨年素晴らしい車を持っていた、そして、今年もそれの主な特徴でスタートするだろう」と語った。

だが、トト・ヴォルフは、2021年にフロア設計の強制的な変更によって、実際には勢力図が揺らぐ可能性があると考えている。

「基本的にパーツを切り取らなければならないフロアへの変更は、技術的な意味で決定的だ」とトト・ヴォルフは Speed Week に語った。

「全体のコンセプトの再考を余儀なくされた。したがって、レッドブルやアストンマーティンがより良い解決策を考え出すことを否定することはできない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / レッドブル / ホンダF1 / アストンマーティン