「シューマッハはハミルトン加入で引退に追い込まれた訳ではない」と元メルセデスF1責任者
元メルセデスのF1責任者を務めるノルベルト・ハウグは、ミハエル・シューマッハがルイス・ハミルトンのためにシートを空けるために引退を余儀なくさされた訳ではない。

ミハエル・シューマッハは、2012年シーズン末に2度目のF1引退を発表。メルセデスF1との3シーズンでは、1回の表彰台、1回のポールポジションと7回のF1ワールドチャンピオンに期待されたような成績を収めることはできなかった。

しかも、ポールポジションは、前戦スペインGPの決勝でブルーノ・セナと接触したことで5グリッド降格ペナルティを科せられていたため、実際にフロントローからスタートすることはなかった。

2013年にミハエル・シューマッハの後任としてルイス・ハミルトンが加入。2014年にメルセデスF1とワールドチャンピオンを獲得すると、今年は7回目のF1ワールドチャンピオンを獲得し、ミハエル・シューマッハの記録に並んだ。また、メルセデスのコンストラクターズタイトル7連覇という前人未踏の記録達成に貢献している。

ミハエル・シューマッハは、ルイス・ハミルトンのためのシートを空けるために引退に追い込まれたのかと質問されたノルベルト・ハウグは「いいや、そうではない」と Sport1 に語り、メルセデスF1のドライバーとしてタイトルを追加できたはずだと述べた。

「ミハエルは引退したときに44歳の誕生日が近づいていたが、それは彼がもう2013年、2014年、2015年に勝てる力がなかったというわけではない。ワールドチャンピオンのタイトルを獲得できた可能性さえある」

「私の意見では、2012年にモナコでポールポジションを獲得したドライバーならば、2014年のようなさらに優れたマシンがあれば勝てたと思う」

「ハイブリッド時代にむけて全ての力が注がれていた。競争は終わっていなかったし、2013年ではなく2014年に始まった」

「そして、よく知られているように、メルセデスは2014年以来、ドライバーズとコンストラクターズで7回連続でF1世界選手権のすべてのタイトルを獲得している。チーム、ドライバー、チームの経営陣を代表するF1世界選手権の歴史の中で想像を絶するユニークな成果だ」

また、ノルベルト・ハウグは、ニコ・ロズベルグにも言及した。

2016年のF1ワールドチャンピオンであるニコ・ロズベルグは、ミハエル・シューマッハとルイス・ハミルトンの二人と対峙した唯一のチームメイトだ。

ニコ・ロズベルグは、ミハエル・シューマッハとの3シーズンを終え、2016年にはハミルトンを破って世界タイトルを獲得した。そして、その数日後、電撃的な引退を発表した。

ニコ・ロズベルグが2人のレジェンドよりもうまくやっていたことについて「それは何を物語っていると思う?」とコメント。「彼はドライビングを続けていた方が良かっただろう・・・」

「真面目な話、ニコは自分が2016年に彼のF1レーシングキャリアに線を引いた理由を正確に知っていた。彼はそれを詳細に伝えてくれた」

「そして、私は彼の決定を完全に理解し、尊重することができる。人生には、輪になって走り回るよりも重要なことがある。しかし、それよりも美しく、より要求が厳しく、より有益なものはほとんどない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ルイス・ハミルトン / ミハエル・シューマッハ