【動画】 メルセデスF1、ブラックアロー版W11の実車を公開
メルセデスF1は、反人種差別を示すためにオールブラックへとカラーリングを変更した2020年F1マシン『W11』の実車を動画でチラ見せした。

アメリカ北部ミネアポリスで、警官から首を膝で押さえつけられ、助けを求めながら死亡した黒人男性のジョージ・フロイドさんの死は、米国および世界中で抗議活動を生んだ。

特にF1唯一の黒人ドライバーであるルイス・ハミルトンは反人種差別抗議活動を支持しており、1か月前にメルセデスF1のチーム代表に電話をして“ブラックアロー”のアイデアを提案。親会社であるダイムラーもこのアイデアを支持し、チームは2020年F1シーズンを通してこのカラーリングで戦うことを決定した。

マシンカラーリングに合わせて、メルセデスのF1ドライバーであるルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスのレーシングスーツもブラックへと変更され、まだ公開されていないがヘルメットにも微調整が加えられる。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1マシン / F1動画