メルセデスF1チーム、ダイムラーからの電話で開幕戦の中止を決意
F1オーストラリアGPの運命は、深夜のダイムラーのCEOを務めるオラ・ケレニウスからメルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフへの一本の電話で変わった。

マクラーレンは、F1チームメンバーが新型コロナウイルスに感染したことが確認されたことを受け、木曜日の夜にF1オーストラリアGPから撤退することを発表した。

その動きにより、メルボルンのクラウンホテルでF1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンとF1チームとの間で会議が開催され、次に何をすべきかが話し合われた。

FIA会長のジャン・トッドは電話で会議に参加。F1シーズン開幕戦の運命は、大多数のチームが継続を望んでいるかどうか次第だと

F1とFIAがレースを中止にできる唯一の状況は、さらに4つのチームがレースから撤退することだった。

F1の競技規則の第5.7条には「競技会は、参加車両が12台に満たない場合には中止することができる」と記されている。

テーブル上のオプションは、観客の有無にかかわらず、中止、もしくは金曜日のプラクティスを行うというものだった。

F1は、新型コロナウイルスの新たな問題を発生することなく金曜日を乗り切ることができれば、F1オーストラリアGPの残りの週末を継続できたかもしれない。

この段階で、フェラーリは、メルボルンの週末に何が起きても継続しないことをすでに明らかにしていたと理解されている。そのため、セバスチャン・ベッテルは翌朝6時のオーストラリアからの帰国便をすでに予約していた。

金曜日にプラクティスを実施するというアイデアに対する最初の投票は、非常に好意的だった。

ハースとウィリアムズが投票を事実上棄権したため、過半数では続行に傾いていた。メルセデス、レッドブル、アルファタウリ、レーシング・ポイントは続行、フェラーリ、ルノー、アルファロメオ、そして、すでに撤退しているマクラーレンが中止に票を入れた。

事実上の引き分けにより、ロス・ブラウンが状況をどのように進めるかの決定票を持つことになり、彼は少なくとも状況をさらに評価する前に金曜日を実施することに賛成だ。その動きは公式に行われ、チームはイベントが進むと信じて会議を去った。

しかし、その後、メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、上司のオラ・ケレニウスから電話を受け、新型コロナウイルスの状況の影響とメルセデスがF1チームとしてどうすべきかを話し合った。

オラ・ケレニウスは、どうするべきかについては命令せず、問題に関する最終決定をトト・ヨーロッパの悪化している新型コロナウイルスの状況について懸念を表明したと理解されている。

オラ・ケレニウスとの会話を評価したトト・ヴォルフはロス・ブラウンに電話をかけ、メルボルンの週末を続けることに反対していると語った。これは、レースから撤退する準備ができているチームが5つになったことを意味する。つまり、10台のマシンしか参加しないという状況になった。

これにより、FIAが必要とするトリガーポイントを超え、F1チーフは金曜日の朝にオーストラリアGPを中止する動きが進行中であることを知らせるのに十分だった。

レースを希望しなかったチームからの撤退通知は、FIAに正式に送付された。

ただし、F1の商業的権利保有者が一方的に行動した場合、プロモーターによって支払われた膨大なレース料金を失うリスクがあったため、最終トリガーを誰が引くかが重要だった。

この段階では、オーストラリアのプロモーターは、週末のイベントを進めることにまだ熱心だった。しかし、金曜日の朝の午前9時に、F1が中止するつもりであることが通知された。

並行して、ビクトリア州政府からの医学的アドバイスは、新型コロナウイルスの発生を考慮して、観客はコースに立ち入ることができないというものだった。

これは、事実上、イベントを中止する以外に選択肢がないことを意味していた。

関連:レッドブル、F1オーストラリアGPで中止派に寝返ったメルセデスに恨み節

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1オーストラリアGP