メルセデス、2020年はF1史上最高額の6億円のエントリーフィーを支払い
メルセデスF1チームは、2016年よりもポイントが少ないにも関わらず、2020年は史上最高額のFIAエントリーフィーとなる約6億円を支払うことになる。

FIAは、F1世界選手権に参戦する全チームに基本料金に加えて、前シーズンに獲得したポイント数に応じて追加料金を課しており、コンストラクターズ選手権を制したチームは1ポイントあたりのレートが若干高っている。

今年、メルセデスは前人未到のドライバーズとコンストラクターズの両方のタイトルで6連覇を達成。739ポイントは、3年前の765ポイントに次いで、2014年以降で多くのポイント数となる。

しかし、FIAは過去2年間に米国消費者物価指数に基づいてポイントベースの料金をわずかに引き上げた。つまり、メルセデスは2020年のF1エントリーに対して、2016年よりも少ないポイントを獲得したにもかかわらず、これまで以上に支払う必要がある。

FIAは、すべてのチームの基本的な2020年の入場料の556,509ドルに加えて、1ポイントごとの追加料金としてコンストラクタータイトルを獲得したメルセデスに対して6,677ドル、その他のチームには1ポイントごとに5,563ドルを設定した。

今年のメルセデスの739ポイントのポイントベースのは4,934,303ドルに達し、2016年のポイントベースの料金よりも20万ドル弱、2018年よりも60万ドル高い。

これは、メルセデスの合計エントリーは5,490,812ドル(約6億円)になり、コンストラクターズ選手権2位のフェラーリよりも200万ドル多いことを意味する。

フェラーリは、今年獲得した504ポイントに対して280万ドルを支払わなければならず、合計料金は330万ドルになる。

メルセデスがライバルと同じポイントごとのレートを支払った場合、エントリー料は80万ドル以上安くなる。

最下位だったウィリアムズは、ロバート・クビサがF1ドイツGPで獲得した1ポイントだけとなっており、5,563ドルという最小のポイントベース料金を支払う。

2020年のF1世界選手権 エントリーフィー
チームポイントポイントベースの料金合計
メルセデス7394,934,303ドル5,490,812ドル
フェラーリ5042,803,752ドル3,360,261ドル
レッドブル4172,319,771ドル2,876,280ドル
マクラーレン145806,635ドル1,363,144ドル
ルノー91506,233ドル1,062,742ドル
トロロッソ85472,855ドル1,029,364ドル
レーシングポイント73406,099ドル962,608ドル
アルファロメオ57317,091ドル873,600ドル
ハース28155,764ドル712,273ドル
ウィリアムズ15,563ドル562,072ドル

メルセデスF1チーム 6年間のエントリーフィー
シーズン前年のポイントポイントベースのエントリー料ポイントあたりの費用
2015年7014,341,994ドル6,194ドル
2016年7034,354,382ドル6,194ドル
2017年7654,738,410ドル6,194ドル
2018年6684,137,592ドル6,194ドル
2019年6554,292,215ドル6,553ドル
2020年7394,934,303ドル6,677ドル


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / FIA