F1 メルセデスF1 エステバン・オコン
メルセデスのモータースポーツ責任者を務めるトト・ヴォルフは、メルセデスはエステバン・オコンを契約から解放する用意があると述べた。

昨年、エステバン・オコンはフォース・インディアでF1を戦っていたが、ローレンス・ストロールがチームを買収し、息子のランス・ストロールと契約したことでF1レースシートを失った。

ルノー、マクラーレン、ウィリアムズも移籍候補として報じられていたエステバン・オコンだが、成立しなかった。マクラーレンとルノーはエステバン・オコンがメルセデスの契約ドライバーであることを獲得をやめた理由に挙げていた。

現在、エステバン・オコンはメルセデスのリザーブドライバーを務めており、チームがバルテリ・ボッタスとの契約を延長しなかった場合、後任としてメルセデスのF1シートを獲得することを望んでいる。

しかし、トト・ヴォルフは、エステバン・オコンがF1キャリアを進めていけるように手放す準備ができていると語る。

「彼はメルセデスの運転手であるという認識があるので、事実をはっきりさせ、メルセデスが彼に与えた投資とサポートを尊重して彼がキャリアを追求できるようにする必要があるかもしれない。彼はそれを非常に尊重しているが、同時にそれは彼の足かせとなっている」とトト・ヴォルフは Autosport にコメント。

2020年はルノーへのローン移籍が報じられているエステバン・オコンだが、トト・ヴォルフは完全移籍を成立させられるように関係を断ち切ることを検討していると語る。

「いずれにしろ彼が別のチームで走る場合、彼がリリースされることになると思う」とトト・ヴォルフは付け加えた。

「他のチームのために運転するな場合、そのチームのために自分の能力のベストを尽くすという契約を結ぶので、彼はもはやメルセデスドライバーではない

ルノーは、今シーズン末で契約期間が終了するニコ・ヒュルケンベルグの将来を評価している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / エステバン・オコン