F1 メルセデスAMG F1
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2021年のF1世界選手権から標準ギアボックスを導入するという計画を撤回したFIA(国際自動車連盟)の決定を支持している。

当初、FIAはコスト削減を目的に2021年の新レギューレションで導入する標準パーツの入札にギアボックスを含んでいたが、FIA 世界モータースポーツ評議会の評決により、FIAの技術部門は単独サプライヤーによるギアボックスの使用を実施しないことを決定した。

トト・ヴォルフは、パフォーマンスに影響しないパーツを標準化しようとすることには賛同しているものの、技術的にフック雑なギアボックスをその対象することには、信頼性や品質の低下に繋がることを懸念していたと語る。

「パフォーマンスに影響しないパーツはコストを大幅に削減できるし、目指すべきことだと考えている」とトト・ヴォルフはコメント。

「だが、コスト削減に繋がらず、信頼性と失敗のリスクが存在するというのであれば、そのようなルールには従うべきではないと考えている。しtがって、私は標準化ギヤボックスの導入撤回に賛成だ」

「それぞれのサプライヤーの間に利益を利益を得ようとして企業が、我々よりも安く同じ仕様のものを製品を生産するかもしれない点にも疑問を持つべきだし、少し注意が必要だと考えている」

「メルセデスとしては、コスト削減には柔軟な考え方を持っている。パフォーマンスに影響しないパーツに可能性があるであれば、我々は賛成だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / FIA