F1 メルセデス レッドブル・ホンダ
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ホンダのF1エンジンは“大きく前進”したと考えており、2019年のF1世界選手権ではレッドブル・ホンダがタイトル争いのライバルになるだろうと語る。

ホンダは2015年にマクラーレンのパートナーとしてF1復帰してからの3年間でその評判を大きく下げることなった。しかし、昨年はトロロッソの新たなパートナーシップで着実に改善を果たし、今季からはレッドブル・レーシングにもF1エンジンを供給することが決定した。

2019年シーズンのF1プレシーズンテストホンダのF1エンジンは信頼性を高め、開幕戦ではパフォーマンスも向上させたことが明らかになった。マックス・フェルスタッペンはレッドブル・ホンダの初陣で表彰台を獲得。ホンダとしては11年ぶりに表彰台を獲得した。

「間違いなくホンダは大きな前進を果たした」とトト・ヴォルフはF1公式サイトに語った。

「スピードトレースを見れば、以前とはまったく異なるレッドブルに見える。彼らはストレートで派肺。そして、それを目にするのは嬉しいことだ。我々は彼らが素晴らしい戦いに絡んできてほしいと思っているからね」

「ホンダのためにも本当にうれしく思っている。2015年にF1に復帰いてから初の表彰台であり、彼らはそれに相応しい。彼らは本当に厳しい時期を過ごしてきた。そのホンダが表彰台に上り、スタッフたちが幸せそうにしているのを見るのは素晴らしいことだ」

プレシーズンテストから開幕戦まで、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンとピエール・ガスリーはホンダのF1エンジンについてポジティブなコメントしかしてこなかった。

そのパフォーマンスの向上は開幕戦で明らかになり、マックス・フェルスタッペンはエンジンパワーと加速が必要なターン3でフェラーリのセバスチャン・ベッテルをオーバーテイクした。

トト・ヴォルフは、そのオーバーテイクこそが2019年にレッドブル・ホンダを脅威とみなす要因だと語る。

「あれは非常に強力だった」とトト・ヴォルフはコメント。

「彼らがどのようにしてターン3でセバスチャンを仕留めたかを目にしたと思うし、パワーはずば抜けていた」

「レッドブルとホンダのコンビネーションは脅威となるだろう。パフォーマンスレベルに基づけば、彼らをチャンピオンシップのライバルといて計算しなければならないのは確かだ」

開幕戦ではピエール・ガスリーがノーポイントに終わったことで、首位のメルセデスと3位のレッドブル・ホンダには26ポイントの差がついている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: メルセデス | レッドブル | ホンダF1