F1 2019年のF1世界選手権
メルセデスのF1チーム代表トト・ヴォルフは、2019年のF1世界選手権ではフェラーリ、レッドブル・ホンダとの三つ巴の接戦が展開されると予想している。

昨年、メルセデスはシーズン中盤にフェラーリがスランプに陥るまで強い挑戦を受けた。フェラーリは、パワーユニットでメルセデスを上回ったとされ、グリッドで最速のマシンと評されていた。

トト・ヴォルフは、2019年もフェラーリは強いと考えている。

「フェラーリはここ数年で能力を大幅に向上させたし、我々のパフォーマンスレベンルは互いにかなり拮抗していると思う」とトト・ヴォルフはコメント。

「最後は我々が小さなアドバンテージを生み出したが、彼らは手ごわい競争相手になった」

また、トト・ヴォルフは、ルノーのカスタマーエンジンからホンダのワークスエンジンに切り替えることで非常に期待されているレッドブル・レーシングも2019年に強くなると予想する。

「レッドブルとホンダはそのパーティに加わるもうひとつのチームになるかもしれない。だが、新しいレギュレーションによって他の誰かも競争力をつけてくる可能性もある」

ルノーのF1チーム代表シリル・アビテブールは、2019年の目標を明確に定めてはいないが、ルノーもその戦いに絡んでくる可能性が高い。

シリル・アビテブールは「シーズン開幕時には目標を発表するつもりだが、進歩し続けることを我々に期待する必要があるだろう」とコメント。

シリル・アビテブールは、ルノーのその進歩の大部分はダニエル・リカルドとの契約だと認める。

「我々がダニエルがレッドブルでコース内がで重要な役割を果たしてきたのと同じようにチーム構築の完成において重要な役割を果たすことを期待している」とシリル・アビテブールはコメント。

「我々はその責任を具現化するために誰かが必要だとも感じている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: メルセデス