F1 メルセデス エステバン・オコン
メルセデスのモータースポーツ責任者を務めるトト・ヴォルフは、エステバン・オコンがすでに2020年のメルセデスF1チームのシートを保証されているとの見方を否定した。

レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1ブラジルGPでのエステバン・オコンとマックス・フェルスタッペンの事故に激怒。“すでに2020年のメルセデスの契約を結んでいるドライバー”にフェルスタッペンのレースを潰されたと語っていた。

だが、トト・ヴォルフは「マルコ博士が言うことにコメントとするの1秒であっても時間の無駄だ」とコメント。

現在、メルセデスのドライバーを務めるバルテリ・ボッタスは2019年の契約しか有していない。

ヘルムート・マルコの発言は真実かと質問されたトト・ヴォルフは「いいや、真実ではない」と主張した。

今年、フォースインディアでF1を戦っているエステバン・オコンだが、ローレンス・ストロールがチームを買収したことで、発表こそされていないものの、息子のランス・ストロールがチームに移籍することになる。

フォースインディアのF1シートを失うエステバン・オコンは、ルノーとマクラーレンと交渉するものの失敗。最後の望みとして残っていたウィリアムズのシートはロバート・クビサに決まったことで来季F1グリッドに並ぶ可能性は断たれた。

エステバン・オコンは「ウィリアムズが財政的な問題を抱えていることを知っていたし、彼らはある程度の予算を見つけなければならなかった」と L’Equipe にコメント。

「でも、世界の終わりというわけではない。僕はまだパドックにいるし、2020年に復帰することを目指してF1で仕事をしていく」

エステバン・オコンは、2019年にメルセデスF1チームのリザーブドライバーを務めることが既にトト・ヴォルフの口から明らかにされている。

「計画はかなり明確だ。彼はメルセデスチームのかなり近くにいることになる。彼は我々のリザーブ兼サードドライバーを務める」とトト・ヴォルフはコメント。

「我々は彼と変則的なテストをしたいと思っている。プレシーズンテストとインシーズンテストを見据えているが、まだまとまってはいない」

「彼は準備を整えるためにシミュレーターで多くの時間を費やすことになる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / エステバン・オコン