F1 セバスチャン・ベッテル メルセデスAMG F1
メルセデスのモータースポーツ責任者を務めるトト・ヴォルフは、オーストリアのスキー場でフェラーリのセバスチャン・ベッテルと会っていたのはF1とはまったく無関係だと主張した。

ドイツ出身のセバスチャン・ベッテルは、昨年、フェラーリと2020年まで契約を延長。それはベッテル獲得を希望しているとされるメルセデスにショックを与えたかもしれない。

セバスチャン・ベッテルは、オーストラリアのキッツビューエルで開催されたスキーのワールドカップを訪問。その場でトト・ヴォルフや、メルセデスの親会社ダイムラーの財務責任者であるボド・ウェバーと会っていたことでちょっとした憶測を生んだ。Express は3人が親しげに肩を組んでいる写真を掲載している。

この件について質問されたトト・ヴォルフは「これからみんなが“ベッテルがメルセデスへ”と書くんだろうね!」と Kolner Express にコメント。

「だが、我々はスイスでは隣人同士であり、友人でもある。普通に会話もする」

ハーネンカム大会として知られるキッツビューエルのレースには、メルセデスF1チームの非常勤会長を務めるニキ・ラウダ、元F1最高責任者であるバーニー・エクレストン、元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーも観戦に訪れていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: メルセデス | セバスチャン・ベッテル