ルイス・ハミルトン メキシコグランプリ メルセデスAMG F1
メルセデスは、F1メキシコグランプリの決勝で、バルテリ・ボッタスが2位表彰台を獲得。9位でフィニッシュしたルイス・ハミルトンは自身4度目となるF1ワールドチャンピオンを獲得。メルセデスにとっては4年連続でのダブルタイトル獲得となった。

ルイス・ハミルトン (9位)
「正直、この4回目のワールドタイトルは今はまだ実感できていない。周りの人々からいろんなエネルギーを感じるけど、実際に実感するにはしばらく時間がかかる」

「今年起こったすべてのこと、この結果を生み出すために行われたすべてのこを考えれば、信じられないくらい感謝している。自分だけの力でこれを成し遂げたわけではないし、ブラックリーとブリックスワースの1000以上の人々がいて、僕の力を引き出すこのこのビーストを生み出してくれた。世界中から本当に素晴らしいサポートを受けてきたし、僕を信じてくれたみんなに感謝したい。メキシコでこれを成し遂げられたこと、過去数カ月にわかって本当に厳しい時間を経験してきた国をポジティブな光に照らすことができたのは、本当にスペシャルなことだ。今日のレースで何が起こったかは重要ではない。僕はヘルメットの後ろに『Still I Rise』と書いている。ノックダウンされても、再び立ち上がり、できる限り全力でプッシュし続けるという意味だ。僕は決して諦めなかったし、プッシュし続けた。4回は素晴らしい数字だ。でも、もう5回目が欲しいね!」

バルテリ・ボッタス (2位)
「正しい男が今年のタイトルを獲得した。ルイスはこれに絶対に相応しいよ! 彼は僕のチームメイトだし、彼は才能があるだけでなく、ハードワーカーで、本当に素晴らしい男だということを知っている。僕たちは競争してはいるけど、彼のために嬉しく思う。それでも、来年は彼を倒したい。今日のレースはスタートの後はかなりストレートなものだった。ターン2でマックスとセバスチャンがサイド・バイ・サイドになっているのが見えたし、彼らのひとりが少し脹らんでいたので、ターン3は混乱するだろうとわかっていた。だから、僕はインサイドを抜けて、コーナーをカットして、うまく立ち上がるという決断をした。その後はあまり多くのことは起こらなかった。残念ながら、今日はマックスには挑戦できなかった。僕たちはレースに勝てるペースがないことがわかったし、学ばなければならないことはたくさんある。でも、全体的に僕たちにとって悪い一日ではなかった。クルマの最大限を引き出せたと感じているし、久しぶりに表彰台に上がれて嬉しい。もちろん、ルイスがタイトルを獲得したこともね」

トト・ヴォルフ (メルセデス・ベンツ モータースポーツ責任者)
「今年はこれまでで最も厳しいチャンピオンシップだったが、非常に価値のあるものだった。今シーズの我々は新車とタイヤに関して何度も浮き沈みがあった。我々は今、それが現実であることを受け入れなければならない。チームにとって進歩を果たすことはとても難しいことだったし、本当に最大限の力を尽くした。今シーズン、おそらくルイスはキャリアのなかで最も一貫性のあるパフォーマンスを示したし、彼はあらゆる側面で前進した。今日、相応しい男がワールドチャンピオンになったことは疑いのないことだ。その結果は良かったが、レースは我々が望んでいたものではなかった。だが、今日はポジティブなものだけを受け取りたいし、この段階で必要のない論争を掘り起こすつもりはない。ルイスがワールドチャンピオンを獲得したんだからね!」

ジェームス・アリソン (テクニカルディレクター)
「今回のレースに挑むにあたり、チャンピオンシップの数字が我々に有利であることは分かっていた。それでも、1コーナーでの大混乱以降は、快適な午後を過ごすというわけにはいかず、あらゆる情報を手元にそろえながらピットウォールに座っている我々もそうだが、完全な最後尾から巻き返しを図ってポジションを上げるために単独のタスクに取り組んでいたルイスはもっと大変だっただろう。実査、上位勢が安定している限り、ルイスは安全だったとも言える。とりわけ、バルテリが素晴らしい走りを見せており、しっかりと2番手の位置を確保していた。しかしならが、それに頼るわけにはいかないので、我々はルイスを9番手まで押し上げようと懸命に努力したし、オーバーテイクが非常に難しいこのコースでそれをやり遂げたことは、彼にとっては本当に素晴らしい結果だ。先週にコンストラクターズ選手権制覇を決めた後、ここへやって来て、世界中が注目するチャンピオンシップを締めくくり、ルイスの4度目のチャンピオン決定を確実にできたことは本当に最高の気分だ。チャンピオンがこれ以上にふさわしい特権になるシーズンなど想像が難しい。モータースポーツにとっては実に素晴らしく競争力のある刺激的な一年だった。その中でルイスは一貫性を保っていた。これ以上ないくらい幸せだ」

関連:F1メキシコGP 結果:フェルスタッペンが優勝、ハミルトンが王座獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1メキシコGP