メルセデス
F1イタリアGPのスチュワードは、勝者ルイス・ハミルトンとチームメイトにニコ・ロズベルグは、タイヤ内圧がピレリの指定を下回っていたとして調査している。

FIAの技術代表ジョー・バウアーのレポートによると、スタート5分前にトップ4のマシン(メルセデスとフェラーリ)の左タイヤをグリッド上でチェックしたと記されている。

フェラーリは、ピレリが指定したタイヤ内圧の19.5psiと110度のタイヤブランケット温度にあったが、メルセデスの2台はその数値を満たしていなかったという。

ルイス・ハミルトンのタイヤ内圧は0.3psi、ニコ・ロウズベルグは1.1psi下回っていた。

レース終盤、ルイス・ハミルトンは、できるだけハードにプッシュして、セバスチャン・ベッテルとのギャップを広げるように指示されていた。最終的にルイス・ハミルトンは、25秒差をつけて優勝している。

ニコ・ロズベルグは、エンジン故障によってレースをリタイアするまで3位を走行していた。

ピレリは、F1イタリアGPにむけてタイヤ内圧を上げたが、その決定は2週間前のF1ベルギーGPで発生したタイヤ破裂とは無関係だと述べている。

メルセデスの技術代表パディ・ロウは、スチュワードからの呼び出しにチームは困惑していると述べた。

「正直、理解いていない」とパディ・ロウは Sky Sport に述べた。

「我々はスチュワードに呼び出されたので、そこに行って、説明する」

「私が知っていることは、我々はタイヤ内圧をピレリのエンジニアによって監督されているものに完全に合わせていたということだけだ」

「彼は彼らが設定したそれらに完全に満足していた」

パディ・ロウは、ルイス・ハミルトンへのプッシュするようにとの指示が、ペナルティの可能性に関連していることを認めた。

「注意として、我々はギャップを広げさせようと考えた」

ルイス・ハミルトンは、スチュワードの調査について「わからない」と述べ、コメントを避けた。

関連:F1イタリアGP 結果:ルイス・ハミルトンが圧勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1イタリアGP