ボブ・ベル
メルセデスGPは、新しいテクニカルディレクターとして元ルノーのボブ・ベルが加入することを発表した。

4月1日付でボブ・ベルはメルセデスGPのテクニカルディレクターに就任。ブラックリーのメルセデスGPの本拠地でシャシーチームを率いることになり、ロス・ブラウンはより全体的にチームを監督できるlことになる。

ボブ・ベルは1982年からF1で働いており、ベネトン時代の1997年にルノーに加入。その後、ジョーダンへ移籍し、2002年にテクニカルディレクターとしてルノーに復帰した。

昨年のクラッシュゲート・スキャンダルで、フラビオ・ブリアトーレとパット・シモンズが去ったあと、ボブ・ベルは今シーズンの初めにエリック・ブーリエが到着するまでチーム代表を務めていた。

ボル・ベルは、メルセデスの一員になれることを「嬉しく、名誉なことだ」と述べた。

「テクニカルディレクターとしてメルセデスGPペトロナス・フォーミュラ・ワン・チームに加わることができ、嬉しく、光栄に思っている」とボブ・ベルはコメント。

「このような強く意欲的な組織の一員になり、モータースポーツにおけるメルセデス・ベンツの偉大な伝統に貢献できることは大変名誉なことだ」

ロス・ブラウンは「ボブの加入は、我々の優れた技術チームを強化する鍵となるステップた。スポーツで最も経験豊かなエンジニアを採用できたことを嬉しく思っている」とコメント。

「ボブは我々のチームにF1の知識とタイトル獲得経験をもたらす大きな存在となるだろう。4月から彼と働けることを楽しみにしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: メルセデス