メルセデスF1の2020年05月のF1情報を一覧表示します。

F1:ルイス・ハミルトン、スポーツ長者番付で13位 … 1位はフェデラー

2020年5月30日
F1:ルイス・ハミルトン、スポーツ長者番付で13位 … 1位はフェデラー
米経済誌フォーブスは、2020年版のスポーツ選手の長者番付を発表。F1ドライバーでは3名のドライバーがトップ100入りし、ルイス・ハミルトンが最上位となる13位だった。

6回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、5400万ドル(約58億2100万円)で13位にランクイン。内訳はメルセデスF1チームの年俸4200万ドル、CM/スポンサー料1200万ドルとなっている。ハミルトンは、2020年末でメルセデスF1との契約が満了し、新たな契約がどうなるかに注目が集まっている。

ジョージ・ラッセル 「メルセデスF1が若手を乗せることを願っている」

2020年5月30日
ジョージ・ラッセル 「メルセデスF1が若手を乗せることを願っている」
メルセデスF1と育成契約を結んでウィリアムズからF1に参戦しているジョージ・ラッセルは、メルセデスF1がルイス・ハミルトンの次のチームメイトとしてフェラーリのように若手ドライバー = 自分を昇格させることを望んでいると語る。

メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、バルテリ・ボッタスがルイス・ハミルトンと素晴らしいパートナーシップを結成しているにも関わらず、次のパートナーを内部で探すことを望んでいることを認めている。

メルセデスF1チームの売却をダイムラーが否定「根拠のない無責任な憶測」

2020年5月29日
メルセデスF1チームの売却をダイムラーが否定「根拠のない無責任な憶測」
メルセデスの親会社であるダイムラーは、メルセデスF1チームをアストンマーティンのオーナーであるローレンス・ストロールに売却する計画が議論されているとの報道について“根拠のない無責任な憶測”だと否定した。

ドイツのAuto BildF1 Insider は、現在、ダイムラー内部で2020年シーズン以降のメルセデスF1チームの将来が議論されていると報道。トト・ヴォルフがチームの株式の30%を保持してチーム代表を辞任し、ダイムラーが保有する70%の株式をローレンス・ストロールが取得すると報じた。

トト・ヴォルフ、メルセデスF1のチーム代表を辞任との報道

2020年5月29日
トト・ヴォルフ、メルセデスF1のチーム代表を辞任との報道
トト・ヴォルフが、メルセデスF1のチーム代表をまもなく辞任するとドイツのメディアが報道。だが、チームのオーナーシップは今後もトト・ヴォルフが維持することになると報じられている。

Auto BildF1 Insider は、現在、2020年シーズン以降のメルセデスF1チームの将来がダイムラーの密室で議論されていると報道。記事によると、7月にオーストリアで2020年のF1シーズンがスタートする前にトト・ヴォルフが、メルセデスF1のチーム代表を辞任するという。だが、彼の後継者が誰になるかについての触れられていない。

メルセデスF1、バルテリ・ボッタスの放出をすでに決断?

2020年5月28日
メルセデスF1、バルテリ・ボッタスの放出をすでに決断?
メルセデスF1のチーム代表トト・ヴォルフは、すでに今シーズン限りでのバルテリ・ボッタスの放出を心に決めていると報じられている。

フェラーリF1が2021年のドライバーラインナップを確定させたことで、シリーシーズンの焦点はルノーとメルセデスに移っている。ルノーF1は空席ができ、メルセデスは両方のドライバーの契約が満了する。バルテリ・ボッタスはそこで重要な役割を果たしている。

アストンマーティン、メルセデスAMGのトビアス・ムアースを新CEOに起用

2020年5月26日
アストンマーティン、メルセデスAMGのトビアス・ムアースを新CEOに起用 / F1関連
アストンマーティンは、アンディ・パーマーが5月25日付で最高経営責任者(CEO)を退任し、後任にメルセデスAMGの会長兼株主であるトビアス・ムアースが8月1日付が新CEOに就任することを発表。それまでの期間は現在の副社長であるキース・スタントンが臨時のCOOを務める。

これはアストンマーティンが、ローレンス・ストロール体制になってから最初の大きな組織変更となる。

「メルセデスF1チームは売りに出されるとの噂がある」とミナルディ

2020年5月26日
「メルセデスF1チームは売りに出されるとの噂がある」とミナルディ
元F1チーム代表のジャンカルロ・ミナルディは、ダイムラーがメルセデスF1チームを売りに出すとの噂について語った。

F1界はメルセデスの噂で賑わっている。2021年に誰がメルセデスのF1ドライバーを務めるかだけでなく、2021年以降のF1グリッドにメルセデスが存在しているどうかも疑問視されている。

セバスチャン・ベッテルのメルセデスF1移籍は現実的ではない?

2020年5月26日
セバスチャン・ベッテルのメルセデスF1移籍は現実的ではない?
元F1ドライバーのニック・ハイドフェルドは、セバスチャン・ベッテルのメルセデスF1への移籍は現実的ではないと考えている。

セバスチャン・ベッテルの将来は当面は不透明だ。ベッテルは今シーズン限りでフェラーリを去るが、2021年に何をするかはまだ発表していえない。

レッドブルF1代表、ベッテルのメルセデスF1移籍の噂を煽る

2020年5月26日
レッドブルF1代表、ベッテルのメルセデスF1移籍の噂を煽る
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、セバスチャン・ベッテルが2021年にメルセデスに移籍する可能性があるとの噂を煽った。

2020年シーズン限りでフェラーリF1を離脱することを決断したセバスチャン・ベッテルはF1からの引退を選択する可能性もある。レッドブル・ホンダは、マックス・フェルスタッペンと2023年まで契約を結んでおり、今のところ、アレクサンダー・アルボンにも満足しているため、新しいドライバーを探す必要はない。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム