メルセデスF1、バルテリ・ボッタスの放出をすでに決断?
メルセデスF1のチーム代表トト・ヴォルフは、すでに今シーズン限りでのバルテリ・ボッタスの放出を心に決めていると報じられている。

フェラーリF1が2021年のドライバーラインナップを確定させたことで、シリーシーズンの焦点はルノーとメルセデスに移っている。ルノーF1は空席ができ、メルセデスは両方のドライバーの契約が満了する。バルテリ・ボッタスはそこで重要な役割を果たしている。

バルテリ・ボッタスとメルセデスF1との契約はこれまで通り1年契約であり、今シーズン末で失効する。バルテリ・ボッタスはエキサイティングな夏を楽しみにしているが、今回はコース上で自分自身を証明することさえできないかもしれない。 Auto hebdo は、トト・ヴォルフはむしろバルテリ・ボッタスの放出を望んでいると伝えている。

同誌によると、かつてバルテリ・ボッタスのマネージャーだったトト・ヴォルフは、ボッタスがルノーF1に移籍することを望んでいるという。そうすることで、メルセデスF1はジョージ・ラッセルを昇格させるスペースができ、ルイス・ハミルトンとの交渉をまとめるためのより多くの時間がえられる。

レッドブル・ホンダはマックス・フェルスタッペン、フェラーリはシャルル・ルクレールと将来のリーダーを決定しているが、メルセデスF1はルイス・ハミルトン以降の次世代を担うドライバーを起用することができていない。

だが、ルノーF1にはフェルナンド・アロンソという別の候補者がいる。だが、同誌によると、バルテリ・ボッタスの方が好意的であり、チームメイトのエステバン・オコンとの問題が軽減されるとしている。

一方、バルテリ・ボッタスは、レッドブル・ホンダF1への移籍も視野に入れているとの噂が世界中に広まった。ボッタスのマネージャーであるディディエ・コトンは、レッドブルのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーをディナーに招待したと報道と F1-Insider が報じた。

レッドブル・ホンダF1とアレクサンダー・アルボンとの現在の契約は2020年末で失効する。アルボンが契約を延長できるかどうかは2020年のパフォーマンスに依存する。

Sky Sports のF1ジャーナリストを務めるテッド・クラビッツは、バルテリ・ボッタス陣営がレッドブルと接触したことを確認していると語る。

「ボッタスはレッドブルと会話している」とテッド・クラビッツは Ted's Notebook で語った。

「その移籍を行うことは可能か? すぐには起こらないだろうが、イエスだ。ボッタスならアルボンができることはすべてやれる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / バルテリ・ボッタス