レッドブルF1代表、ベッテルのメルセデスF1移籍の噂を煽る
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、セバスチャン・ベッテルが2021年にメルセデスに移籍する可能性があるとの噂を煽った。

2020年シーズン限りでフェラーリF1を離脱することを決断したセバスチャン・ベッテルはF1からの引退を選択する可能性もある。レッドブル・ホンダは、マックス・フェルスタッペンと2023年まで契約を結んでおり、今のところ、アレクサンダー・アルボンにも満足しているため、新しいドライバーを探す必要はない。

そのため、クリスチャン・ホーナーは先週の移籍劇を静かに見守った。

「もちろん、このシナリオにおける喧騒は楽しかった。我々はすでにマックスフェルスタッペンを捕まえており、アレクサンダー・アルボンも非常にうまくやっているのは素晴らしいことだ」とクリスチャン・ホーナーは The Race に語った。

クリスチャン・ホーナーは、過去にレッドブルでダブルタイトルを4連覇したセバスチャン・ベッテルに敬意を表した。

「セバスチャンがF1を去ることになれば残念だが、彼は素晴らしいキャリアを過ごしてきた」

「彼は非常に大きな成功を収めており、彼のことは自分のことのように知っているし、彼は悩みぬいた末の決断だと確信している。彼は誠実で、道徳が高い。将来何をしたいのかを知っているのは彼だけだ」

しかし、クリスチャン・ホーナーは、セバスチャン・ベッテルの経歴はメルセデスが獲得を我慢するにはあまりにも良いことを証明していると考えている。

「彼がF1で継続することを望む場合、機会に困ることはないと確信している」とクリスチャン・ホーナーを続けた。

「だが、彼は今年限りでフェラーリとの時間を終わらせることを決断した。我々にできることは彼の素晴らしい将来を願うことだけだ」

「だが、来年、メルセデスのシートが獲得可能であることを忘れてはならない。両者にとって素晴らしい契約になるだろう」

また、クリスチャン・ホーナーは、ルノーからマクラーレンへの移籍が決定したダニエル・リカルドからも連絡があったことを明らかにした。

「彼から素晴らしいメッセージを受け取った。彼にはまだレースをしていないものの、たった12か月でルノーを離れる彼なりの理由があったんだと思う」

「そのような人々にはいろいろと理由があり、私はそれを知ることはできない。彼らは大人であり、彼ら自身で決断を下す」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / セバスチャン・ベッテル / メルセデス