パトリシオ・オワード、不運なトラブル発生も「とても楽しかった」 / F1アブダビGP フリー走行1回目
マクラーレンのインディカードライバーであるパトリシオ・オワードは、F1アブダビGPのフリー走行1回目に何ヶ月も楽しみにしてマクラーレンMCL36でのグランプリ週末デビューを果たした。

しかし、パトリシオ・オワードがコースに出てすぐにマシンに問題が発生し、2速でピットレーンに戻るよう命じられた。幸いなことに、問題はピットクルーによってすぐに修正され、オワードは比較的最小限の遅延で戻ることができた。最終的に1時間のセッションで22周を完了した。

「マシンの中でかなり激しく跳ねていたので、とにかくチームとのはっきりとコミュニケーションをとろうとしていた」と彼はセッション終了後に説明した。

「あまり経験がないので、それが何を意味するのかわからない。チームも当時は分からなかったと思う」

「ボックスに入ってリセットしたところ、問題が何であれ修正されたようだ」

「初めてのFP1を経験するのは非常にエキサイティングな時間だったので『短縮されないことを本当に願っている』と思っていた」

「それが何だったのか正確にはわからない。電気的なもの、おそらくセンサーか何かだったと思う」

パトリシオ・オワードは、マクラーレンのインディカーチームで今年F1カーを運転するチャンスを得た2人目のフルタイムドライバーであり、アレックス・パロウはサーキット・オブ・ジ・アメリカズでチャンスを得た。

当初、パトリシオ・オワードは母国のメキシコでシートに座る予定だったが、ピレリのタイヤテストが再スケジュールされたため、変更する必要があった。

そうして、ついに訪れた瞬間をパトリシオ・オワードは楽しんだと語る。

「今日は本当に楽しい経験だった。いくつかのカーブボールが投げられたので、物事は少し難しくなった。消化しなければならなかった車の運転の一部ではない多くの情報が明らかになった」

「でも、全体として、初めてのFP1は成功したと感じている。チームのために多くのテストを行ったし、それらが今週末に向けて彼らにとって良い助けになることを願っている」

「僕にとっては、クルマに乗るたびに進歩していると思う。だから、来年はもう1回挑戦して、改善し続けたい」

パトリシオ・オワードは、ランド・ノリスの車でセッションを走り、18番手でフィニッシュしたが、8番目のダニエル・リカルドとは0.8秒差がついた。

マクラーレンのレーシングエグゼクティブディレクターであるアンドレアス・ステラは、パトリシオ・オワードのマシンでのパフォーマンスに両手の親指を上げた。

「我々はパトに彼の最初のFP1セッションとMCL36での最初の走行を任せた。彼は優れたコントロールを示し、我々が求めていたものを正確に提供してくれた。パトはよくやった!」とアンドレアス・ステラは語った。

以前、オワードはアブダビでの昨年のポストシーズンテストに参加しましたが、首に大きな負荷がかかることに気づき、それ以来、23Gの負担に備えるために多大な努力を払ってきた。

「首に皆さんには想像できないくらい多くのことをしてきた!」とパトリシオ・オワードは語った。

「去年は多くのラップの後に首がギブアップしてしまったけど、今回の場合、それは本当にうまくいった」

「ずっと自分のフィジカルフィットネスに重点を置いてきたし、それが制限になることは望んでいないといつも言ってきた。でも、最初にF1マシンに足を踏み入れたとき、何を期待していいかは分からないものだ」

「もう少しスムーズなFP1が欲しいだったらよかったんだけどね。最初に出て行ってコツを掴めば、もう少し何が期待できるかがわかるように感じる。思いがけない種類の変化球がたくさん投げられたので、最初はたくさんのことが起こっていたと思う」

「でも、良かった。さまざまなラインを試してみたし、皆さんも放送でその瞬間を見たと思うけど、車ができることすべてを活用しようとするのはとても楽しいことだった」

パトリシオ・オワードは、来年インディカーに復帰する前にカレンダーに適切なギャップがあれば、マクラーレンのザク・ブラウン(CEO)とアンドレス・ザイドル(チーム代表)に今後のF1での走行をプッシュするつもりだと説明した。

「皆さんがザクの耳に入ることは間違いなく重要だろうし、おそらくアンドレアスの耳に少し入るだろう『いつまた車に乗れる?』とね。でも、難しいかな。インディカーでシーズンが終わって、すべてがまとまるからね」

「5月から9月までの非常に圧縮されたシーズンだ。ノンストップだ。だから、何を話せばいいのかわからない。インディカーのシーズン前に走らせてくれたら素晴らしいだろうけど、それはすべてビッグボス次第だと思うよ」

パトリシオ・オワード マクラーレン F1 アブダビグランプリパトリシオ・オワード 2022 F1アブダビGP

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / F1アブダビGP / インディカー