マクラーレンF1、アレックス・パロウとパトリシオ・オワードをFP1に起用
マクラーレンF1チームは、アレックス・パロウとパトリシオ・パワードが、それぞれオースティンとアブダビでフリー走行1回目に出走することを発表した。

スペイン人ドライバーのアレックス・パロウは、2022年F1アメリカGPのフリー 走行1回目に参加。60分間のセッションでダニエル・リカルドに代わってMVL36を運転する。

2021年のインディカー・シリーズのチャンピオンであるアレックス・パロウは、これまでインディカーで4勝15回の表彰台を獲得し、2019年のスーパーフォーミュラ・チャンピオンシップで3位を獲得するなど、印象的なモータースポーツのキャリアを持っている。

アロー マクラーレン SP ドライバーであるパトリシオ・オワードもフリープラクティス セッションに参加し、2022年F1アブダビGPでランド・ノリスの車を運転する。

メキシコ人ドライバーのパトシリオ・パワードは、インディカーでの成功したシーズンの後、過去2勝、7回の表彰台、および 2018年インディライツで2勝、2回の表彰台で チャンピオンシップ タイトルを獲得している。

この機会は、MCL35M でのドライバー育成テストに続くもの。これらのセッションは、2022 年のスポーツ規則で義務付けられているように、チームの2つの若手ドライバーの出走を満たす。

アレックス・パロウは「F1ウィークエンドデビューを果たすことができて、とても興奮している」とコメント。

「インディカーでレースをしているのを見たかもしれないファンの前で、アメリカでドライブできるのは素晴らしいことだ。2021年のマクラーレン MCL35M を何度かテストで運転しているので、MCL36 のペースを試すのが待ちきれない。2022年アメリカGPに向けたチームの準備を支援できることを楽しみにしている」

パトリシオ・オワードは「アブダビでコースに出るのが待ちきれない。僕はドライバーとして成長し、昨年のマシンをチームとテストするのはとても楽しかったので、MCL36 を運転するのは素晴らしい経験になるだろう。機会を与えてくれたマクラーレンF1に感謝している」

マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは「アレックスとパトに、マクラーレンのフリープラクティスセッションに参加する機会を与えることができてうれしく思う。アレックスはインディカーで大きな成功を収めており、チームがクルマに関するフィードバックを得て、ドライバーとしての彼の評価を継続することは有益だ」とコメント。

「アレックスとパトは、バルセロナとオーストリアでの最近のテストで感銘をを与えており、MCL36での経験を彼らに提供できることに興奮している。F1の世界的なステージで彼らのスキルを披露する絶好の機会であり、最終的なラップタイムではなく、チームがレース週末に向けて準備することに焦点が当てられられる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / F1アブダビGP / F1アメリカGP