マクラーレン F1
マクラーレンF1チームの関連会社マクラーレン・アプライド・テクノロジーズが、2050年のF1マシンの大胆なコンセプトカーと“フューチャーグランプリ”と題した未来のグランプリのビジョンを公開した。

MCLエクストリーム(MCLExtreme)と名付けられたF1マシンのコンセプトカーは“空力パッケージに成形されて格納されたバッテリー”で駆動する後輪駆動の電気自動車で500km/hで走行するという。

空力は“形態を変化”させることができ、マシンには“AI副操縦士”やヘッドアップディスプレイのような複合現実アシスト、さらには“自己回復タイヤ”といった技術が搭載されると説明されている。

マクラーレンが未来的なF1コンセプトカーを発表したのは今回が初めてではない。2015年12月には『MP4-X』と名付けられたアイデアが披露されている。

だが、今回マクラーレン・アプライド・テクノロジーズが公開した未来のグランプリ“ビジョン”はさらに進化しており、2050年に100周年を迎えるF1において、マシン、ドライバー、ファンエクスペリエンスがどのように進化していくかも評価されている。

マクラーレンは、ファンとの対話、“自動車の電化と排出物の目標に関する国際的な評価”、人間と自動車技術がどのように変化していく可能性があるかなどの評価を含めた広範囲なリサーチを実施したと述べている。

Mclaren MCLExtreme

「我々のF1ファンのリサーチグループを話をしたが、彼らは世界中の政府がセロエミッション車の普及を推進しているという現実を理解していた。例えば、英国では2040年までにすべての新車を“事実上のゼロエミション”にするという計画がある」とマクラーレン・アプライド・テクノロジーズは説明。

「だからこそ、2050年までにグランプリレースは完全電気式になるだろう。現在、電気自動車は水素自動車との長年の戦いに勝利している。我々はボディワークの空力に成形される可能性のあるフレキシブルバッテリーと結合した小型の電気モーターを備えた自動車を思い描いている」

「充電技術はDRSの代替にさえあるかもしれない。定義されたウインドウ内でマシンは前のクルマからエネルギーを盗み、彼らのシートの端にファンをキープしているかもしれない」

マクラーレン・アプライド・テクノロジーズの自動車電化の責任者ステファン・ランバートは「現在のF1カーがモナコの街を一周するのに要する時間よりも短い時間でグランプリカーのバッテリーをフラットから完全に充電することが2050年に可能になるかどうかをこの段階で言うのは難しい」とコメント。

「しかし、約10~30秒でバッテリーの約10~50%を充電することできるようになると考えられている。ワイヤレス充電はトラックの下に埋め込まれた1つの磁気コイルから自動車に取り付けられた2つ目の磁気コイルにエアギャップを通してエネルギー伝達するために使用される電磁誘導が考えられる。コイルが整列するのに十分な位置に車が配置されると、車のコイルに電流が発生し、それがバッテリーに流れ込む」

マクラーレン F1 2050年

未来的なレースサーキットのアイデアは、都市中心部に近い“スマートシティ”開催され、巨大なバンク、バッテリー充電が備えられたピットレーン、極端な天候にも対応することができるサーキットなどが含まれている。

ドライバーは高速に耐えられるように強化された特別なレーシングスーツを着用し、“ドライバーのためのコミュニケーションやAIアシスタントのない『ブラックアウトゾーン』も設置される。

AI副操縦士は、ドライバーから“学習”し、その感情は“シャシーに反映される”としている。

マクラーレンのサーキットコンセプトは、ファンがより多くのトラックアクションを見ることができるように透明な屋根で覆われ、ファンエンゲージメントは詳細に調査されたもうひとつの要素となる。

未来のグランプリは“ファンの感情がマシンのコックピットに投影”され、“複合現実はマルチアングルカメラとレースデータにアクセスできる”ことが想定されている。

Esportの競技者はバーチャルでレースに参戦できるようになり、ゲーマーは“AIに新しいレース戦略を教え込む”ためにグランプリ前にトラックでレースをすることができる。

McLaren F1 2050

マクラーレン・アプライド・テクノロジーズのモータースポーツディレクターを務めるロディ・バッソは「我々は今日明日のためのソリューションを見つけだすために常に革新を求めている」とコメント。

「近年、我々は未来のF1カーがどのように見え、どのようにどうかするかについてのコンセプトやアイデアを見てきた」

「だが、将来的にモータースポーツの実行可能なビジョンのその詳細な考察と洞察を誰かが与えるのは今回が初めてだ」

「2050年にファンのニーズを確実に満たすことができるようにするために、モータースポーツがテクノロジーやスポーツのエンターテインメントのトレンドの変化にどのように対応するかについての議論を刺激することが我々の願いだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン