F1 マクラーレン スペイングランプリ 2018年のF1世界選手権
マクラーレンは、F1スペインGPの予選でフェルナンド・アロンソが8番手、ストフェル・バンドーンが11番手だった。

フェルナンド・アロンソ (8番手)
「今シーズン初めてQ3に進出できて素晴らしい気分だし、ホームグランプリでそれができたので2倍に嬉しい。満足している。過去数戦での予選では13番手だったし、今日の8番手は確実な前進だ」

「上位勢はまだあまりに高い所にいるし、僕たちはそのギャップを縮める必要がある。でも、僕たちがここに持ち込んだ全てのアップデートが期待通りの結果を届けているようなので嬉しく思う。とにかく僕たちはできる限り早くに新しいパーツを投入して、この方向を継続していく必要がある。全てのスペインGPが特別だし、走っているときはすべてのサポートを感じいることができて、いつも本当に感動する。ファンがクルマをプッシュすることはできないし、追加のパフォーマンスを与えてくれるわけではないけど、彼らはモチベーションを高めてくれるし、そのおかげで僕たちはここでいつも良いパフォーマンスができているように思う。明日はファンのみんなのために良いレースを披露できることを願っている。雨が降るかもしれないし、とても面白いレースになる可能性がある。冬の間にウェットな路面がとても滑りやすいことを学んでいる。カオスなレースになるかもしれないし、僕たちはその恩恵を受けられるかもしれない」

ストフェル・バンドーン (11番手)
「今シーズンここまででベストな予選セッションだったし、今回も非常に接戦となった。タイヤ選択は決して簡単ではなかった。クルマのフィーリングはポジティブだったし、僕たちはQ3にとても近づいていた。フェルナンドはそれを成し遂げたし、それは僕たちがここに持ち込んだパーツがうまく機能していることを示している。正しい方向への一歩だし、僕たちは今後のレースでもこのような改善を続けていく必要がある。明日、ポイント獲得は可能だと思っている。ここまで、僕たちは日曜日にかなりうまくやってきた。僕たちはタイヤの使い方と戦略をうまく理解できている。僕たちには良いレースペースがあるし、他のドライバーのミスから恩恵を受けられる良いポジションにいられるように戦う必要がある。週末ずっとコンディションはトリッキーだったし、多くのクルマがコースオフししていたので、明日は鋭さを保っておかなければならない。いかなるミスを犯してはならないし、僕たちはポイントを獲得できるポジションにいると思う」

エリック・ブーリエ (レーシングディレクター)
「今日の結果は我々の前にいるライバルに近づくために舞台裏で行われている莫大のハードワークの重要な検証だ。予定どおりにアップデートパッケージを完成させるために計画していた全ての新しいパーツをもたらしてくれたワーキングのチームのみんなに特に感謝を伝えたい。もちろん、土曜日にチャンピオンシップポイントは与えられない。だが、まだお祝いをする理由はないにしても、空力的にチャレンジンなこのようなトラックでの8番手と11番手は、ここまでのシーズンでベストな予選セッションであり、シミュレーションで目にしていた証拠をコース上で相関できたことは、我々が期待していた確かな前進だ。一夜で奇跡が起こることはないと何度も言ってきたし、この先もシーズンは長いが、今日の結果はMCL33の進歩的な開発のおける第一歩を示せたと感じている。時が経てばわかるし、我々のアップデートパッケージの最初のリアルなテストは明日のレースになる。多くのポイントを獲得できるようにチャンスを最大化できるようにタイトなミッドフィールドでクリーンなレースをして、トラブルを避け、戦略を最適化させることが主な目的だ。そこから何ができるか見てみよう」

関連:F1スペインGP 予選:ルイス・ハミルトンがポールポジション

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン | F1スペインGP