マクラーレン ホンダ F1
マクラーレン・ホンダのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエは、今週末のF1中国GPでマシンの弱点が露呈することになると認める。

冬季テストで信頼性トラブルが多発して苦しいスタートを切ったマクラーレン・ホンダだが、開幕戦F1オーストラリアGPでは、フェルナンド・アロンソがサスペンショントラブルでリタイアするまでポイント争いを演じてみせた。

しかし、テスト中、フェルナンド・アロンソは、マクラーレン・ホンダがライバルよりも時速30km遅れていると述べており、ロングストレートが2本ある上海インターナショナル・サーキットではマクラレーン・ホンダはカモにされる可能性がある。

エリック・ブーリエは、F1中国GPでホンダのエンジンのパワー不足が露わになると考えている。

「上海はいくつかの理由で予測でいない週末になることで知られている。クルマ、タイヤ、パワーユニットにタフだし、天候もしばしば不安定だ。だが、我々のペースはオーストラリアほど思いがけないものにはならないと予想することができる」とエリック・ブーリエはコメント。

「上海インターナショナル・サーキットの特性はメルボルンとは非常に異なる。長く、速いストレートがあることで、アルバート・パークよりもパッケージの弱点が浮き彫りになるだろう」

「だが、もちろん、我々はいつも通りのファイティンスピリットでレースに挑むつもりだ。最も重要なことは、2台のクルマの信頼性を確実にすることだ。パフォーマンスに集中するのはその後だ」

2017 F1中国GP テレビ放送時間&タイムスケジュール
2017 F1中国GP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン | ホンダ | F1中国GP