ランド・ノリス F1マイアミGP予選「セットアップをやり直したい」

2024年5月5日
ランド・ノリス F1マイアミGP予選「セットアップをやり直したい」
ランド・ノリスは、F1マイアミGPの予選で5番手だった後、マシンのセットアップを変更したいという気持ちが残っていることを明かした。

マクラーレンのドライバーの中で唯一、今週末にフルアップグレードパッケージを使用したノリスは、スプリントレースのオープニングラップでリタイアした後、まだセットアップを微調整していると語った。

アストンマーティンF1のアロンソの中国GPのペナルティの再審請求は却下

2024年5月5日
アストンマーティンF1のアロンソの中国GPのペナルティの再審請求は却下
中国GPのスチュワードは、2週間前に中国で行われたスプリントレースでカルロス・サインツJr.と接触したフェルナンド・アロンソのペナルティを見直すよう求めたアストンマーティンの要求を却下した。

アストンマーティンはチームが今週末のマイアミGPに到着する前に正式な見直しを要求。アストンマーティンとフェラーリの代表は、金曜日の朝にマイアミで行われたビデオ会議に召喚された。

アストンマーティンF1 アロンソのF1中国GPのペナルティの審査権を要求

2024年5月1日
アストンマーティンF1 アロンソのF1中国GPのペナルティの審査権を要求
アストンマーティンは、F1中国GPでのフェルナンド・アロンソのペナルティについて再検討の権利を申し立てた。

アロンソは土曜日のレースでカルロス・サインツJr.と接触したため、スプリントで10秒のタイムペナルティとライセンスに3ペナルティポイントを科されていた。

2024年F1中国GP:WINNERS & LOSERS

2024年4月30日
2024年F1中国GP:WINNERS & LOSERS
F1が2019年以来初めて中国に戻り、上海インターナショナル・サーキットでは満員の観衆がホームの人気者である周冠宇の一挙手一投足に声援を送った。

周冠宇が夢見たおとぎ話のような好成績は叶わなかったが、週末の仕事に大満足した者は他にもいた。Formula1.comが中国GPの勝者と敗者をピックアップした。

F1パワーランキング:2024年第5戦中国GP終了時点

2024年4月27日
F1パワーランキング:2024年第5戦中国GP終了時点
Formula1.comが2024年F1第5戦中国GP終了後のF1パワーランキングを発表した。

5年ぶりに復活を遂げた中国・上海インターナショナル・サーキットで、シーズン最初のスプリント・イベントが開催された。しかし、3日間の戦いを通してパワーランキングの審査員に感銘を与えたのはどのドライバーだったのだろうか?

ランス・ストロールのF1中国GPのリカルドへの追突をヒュルケンベルが擁護

2024年4月25日
ランス・ストロールのF1中国GPのリカルドへの追突をヒュルケンベルが擁護
ランス・ストロールの物議を醸したF1中国GPでのダニエル・リカルドへの追突について、ニコ・ヒュルケンベルグはストロールの擁護に回った。

ストロールは、リカルドやその事故の巻き添えを喰らったオスカー・ピアストリを含むドライバーから厳しい批判を集めている。

角田裕毅の方に「過失」とハースF1代表の小松礼雄がマグヌッセンを擁護

2024年4月24日
角田裕毅の方に「過失」とハースF1代表の小松礼雄がマグヌッセンを擁護
ハースF1のチーム代表である小松礼雄は、F1中国GPで角田裕毅に追突してケビン・マグヌッセンに科せられたペナルティは「正当」ではなかったと考えている。

マグヌッセンは最初のセーフティカーピリオド後のリスタート時にRBのライバル、角田裕毅に接触したとして10秒のタイムペナルティを科せられた。

ストロールとマグヌッセンは「馬鹿げたお粗末なドライビング」と元F1王者

2024年4月23日
ストロールとマグヌッセンは「馬鹿げたお粗末なドライビング」と元F1王者
F1中国GPでの事故により、ケビン・マグヌッセンとランス・ストロールにペナルティポイントが与えられた。元F1王者のニコ・ロズベルグは「本当にばかげたお粗末なドライビング」と非難した。

ハースとアストンマーティンのドライバーは、日曜日の上海でのレースでの別々の衝突で過失があると裁定された。

フェルスタッペン 「セーフティカーのせいでF1中国GPの面白みが減った」

2024年4月23日
フェルスタッペン 「セーフティカーのせいでF1中国GPの面白みが減った」
マックス・フェルスタッペンは、F1中国GP中のセーフティカー介入に異議を唱え、圧勝が続く中、セーフティカーの介入によってレースが「面白くなくなった」と主張した。

スタートでトップに立ち、中断を乗り越えてランド・ノリスに13秒もの大差をつけたフェルスタッペンにとって、これ以上ない展開だった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1 最新ニュース

 
F1-Gate.com ホーム