マクラーレン MP4-26
マクラーレンは、2011年F1マシン「MP4-26」を発表した。

マクラーレンは4日(金)、ベルリンでMP4-26の発表会を開催。ベルリンでの発表はスポンサーであるボーダフォンの意向で決定した。

発表会ではスタッフが広場の真ん中にひとつずつパーツを持ち込み、メカニックが徐々にMP4-26を完成させるというパフォーマンスを披露した。

他のライバルチームが、シーズン初のバレンシアテストで新車をテストすることを選ぶなか、マクラーレンはその時間をMP4-26の開発に費やすことを選択。

MP4-26は、L字型のサイドポッド、ドライバー頭上のエアボックスの後ろにさらにもうひとつ吸気口が設けられているのが特徴的。大きくローバックダウンした平べったい印象のリアエンドも特徴的だ。

次回のヘレステスト(2月10日)までにはまだ時間があるため、マクラーレンが今日発表されたものとは異なるパッケージを持ち込んでくる可能性もある。

マクラーレン MP4-26 画像

関連:
マクラーレン MP4-26 (主要諸元表)
マクラーレン MP4-26:詳細画像

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン