マクラーレンの2021年08月のF1情報を一覧表示します。

マクラーレンF1代表 「豪雨時の代替手段は屋内でレースをするしかない」

2021年8月31日
マクラーレンF1代表 「豪雨時の代替手段は屋内でレースをするしかない」
マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、F1が豪雨による崩壊を避けるには屋内でレースをするしかないとし、F1ベルギーGPの展開は受け入れるしかないと語る。

F1ベルギーGPは大雨によって適切に走行することができなかった。将来、このような問題を防ぐための議論の一部として、F1マシンの変更を検討すべきだとの意見もある。

ランド・ノリス 「ポールポジションを争うこともできたと思う」

2021年8月29日
ランド・ノリス 「ポールポジションを争うこともできたと思う」 / F1ベルギーGP 予選
マクラーレンのランド・ノリスは、2021年F1ベルギーGPの予選Q3でオー・ルージュで大クラッシュ。肘を痛めたが、出場許可は下りているものの、ギアボックス交換によって5グリッド降格が決定している。

Q1とQ2をトップで通過したランド・ノリスは、Q3のアウトラップ中にオー・ルージュで大クラッシュ。マシンは大破し、肘を痛めたノリスは病院へと贈られた。

ランド・ノリス、決勝の出場許可が下りるもギアボック交換で5グリッド降格

2021年8月29日
ランド・ノリス、決勝の出場許可が下りるもギアボック交換で5グリッド降格 / F1ベルギーGP
F1ベルギーGPでの予選でオー・ルージュで大クラッシュを喫したがマクラーレンのランド・ノリスは、決勝への出場を許可された。だが、ダメージによってギアボックス交換を余儀なくされ、5グリッド降格を科される。

Q1とQ2をトップで通過してポールポジション候補となっていたランド・ノリスだが、Q3直前に雨脚が強まったサーキットの餌食となった。

ダニエル・リカルド、マクラーレンとの予選ベスト4番手 「本当に満足」

2021年8月29日
ダニエル・リカルド、マクラーレンとの予選ベスト4番手 「本当に満足」 / F1ベルギーGP 予選
マクラーレンのダニエル・リカルドは、2021年F1ベルギーGPの予選で4番手タイムを記録。マクラーレン移籍後のベストリザルトとなった。

移籍組のなかで最も苦戦を強いられているダニエル・リカルド。持ち前のブレーキングがマクラーレンのマシンとマッチせず、ランド・ノリスに大きく水をあけられていた。しかし、ウエットコンディションとなったF1ベルギーGPでは4番手となり、今季のベルトリザルトを記録した。

大クラッシュのランド・ノリス、肘のX線検査のため病院に搬送

2021年8月29日
大クラッシュのランド・ノリス、肘のX線検査のため病院に搬送 / F1ベルギーGP 予選
マクラーレンのランドノリスは、F1のベルギーGPの予選での高速クラッシュの後、肘の予防的X線検査のために病院に搬送された。

Q1とQ2をトップで通過して初ポールポジションへの期待がかかったランド・ノリスだったが、Q3の初めに雨が強くなり、最初のフライングラップでオー・ルージュを介してハイドロプレーニングに巻き込まれた。

【動画】 ランド・ノリス、予選Q3でオー・ルージュで大クラッシュ

2021年8月29日
【動画】 ランド・ノリス、予選Q3でオー・ルージュで大クラッシュ / F1ベルギーGP
マクラーレンのランドノリスは土曜日のF1ベルギーGP予選の最終セグメントでの大クラッシュを喫した。

ランド・ノリスは、ウェットンおスパ・フランコルシャンで素晴らしいパフォーマンスを見せており、Q1とQ2でトップタイムをマークしてQ3に進出。だが、Q3はセバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)が無線で赤旗を出すように呼びかけるほど、サーキットで雨が激しく降り始めていた。

ダニエル・リカルド 「セナの時代からF1マシンのコアは変わっていない」

2021年8月20日
ダニエル・リカルド 「セナの時代からF1マシンのコアは変わっていない」
マクラーレンF1のダニエル・リカルドは、技術の進歩にもかかわらず、現代のF1マシンは過去のものと多くの共通点を共有していると感じている。

最近、ダニエル・リカルドは、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで、アイルトン・セナが1990年のF1世界選手権に出場したマクラーレン MP4 / 5Bのハンドルを握った。

マクラーレンF1 「レッドブルとメルセデスの戦争から利益を得たい」

2021年8月20日
マクラーレンF1 「レッドブルとメルセデスの戦争から利益を得たい」
マクラーレンF1は、レッドブルとメルセデスとの間のF1戦争がどのように展開するかを興味深く見守っている。

現在、コンストラクターズ選手権で4位につけているマクラーレンは、2021年シーズン前半戦で2つのトップチームとレースをする状況にあった。

マクラーレンのF1マシン特性と相反するリカルドのブレーキングスタイル

2021年8月19日
マクラーレンのF1マシン特性と相反するリカルドのブレーキングスタイル
今年マクラーレンに移籍したダニエル・リカルドは、移籍組のなかでも適応に特に苦戦を強いられている。中でもリカルドの代名詞とされたブレーキングは影を潜めている。マクラーレンのレーシングエグゼクティブディレクターであるアンドレア・ステラがその理由に迫った。

チームメイトのランド・ノリスと元マクラーレンのチームメイトであるカルロス・サインツも、マクラーレンのF1マシンを運転するのは難しいと感じていたが、最終的にはうまく適応した。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム