マクラーレンF1代表 「豪雨時の代替手段は屋内でレースをするしかない」
マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、F1が豪雨による崩壊を避けるには屋内でレースをするしかないとし、F1ベルギーGPの展開は受け入れるしかないと語る。

F1ベルギーGPは大雨によって適切に走行することができなかった。将来、このような問題を防ぐための議論の一部として、F1マシンの変更を検討すべきだとの意見もある。

長い間、危険な天候のなかでレースを進められるように、より高い車高、異なるタイヤ、ホイールカバーなど、マシンに微調整を加える可能性が指摘されてきた。

しかし、アンドレアス・ザイドルは、F1がベルギーで見舞われたような豪雨では、どのカテゴリーでもレースを実行することは不可能だったと考えており、F1は走行が不可能な気象条件に見舞われる可能性があると言う事実に向き合わなければならないと語る。

「100%を補償する代替手段は屋内でレースをすることだけだ。我々はシンプルにそれを受け入れなければならないと思う」とアンドレアス・ザイドルは語った。

「我々がレースをしている限り、今日のようにどんなマシンでも走行することができない日があることを受け入れなければならないと思う」

「まず第一に、ハイドロプレーニングの問題に加えて、水しぶきによる車内のドライバーの視界が上げられる。私には今回のようなコンディションで安全にレースができるマシンは考え付かない」

アンドレアス・ザイドルは、F1がベルギーで適切なレースラップを進めようとしなかったことは正しい判断だったと信じており、最終的な結果を考慮してセーフティカー先導でリスタートしたことも正しかったと語る。

「前日にも目にしたように、実際にレースができる状態になるまでトラックが乾けば、かなり速く走ることができると思う」とアンドレアス・ザイドルは語った。

「最後のリスタートを見れば、我々の天気予報がマイケル(マシ/F1レースディレクター]が見たものと同じであることがわかった。雨が止む可能性のあるウィンドウがあったということだ。そして、20台のマシンがかなり素早くトラックに出て行った」

「それが、リスタートを試みたときの背後にある意図だったと思う。しかし、残念ながら、我々には天気は制御できないし、それはうまくいかなかった」

「安全が最優先されることは明らかだ。その点で、正しい決定が確実に行われたと思う」

アンドレアス・サイドルは、セーフティカー先導でわずか3周でレースが成立されるのは理想的ではないと語ったが、F1は現状のままルールを適用しなければならなかったと考えている。

「もちろん、ここで行われたようなレースを最終的に望んでいる人は誰もいないが、最終的にはルールがあり、それらが適用された」とアンドレアス・ザイドルは語った。

「我々がそこから恩恵を受けたのは明らかだ。我々は4位にマシンがおり、ダニエル(リカルド)との良い予選結果の恩恵を受けたからね」

「すべてのチームがそこから恩恵を受けた訳ではないのは明らかであり、チャンピオンシップのポジションの決着のついていないなかで、涙し、不満を言っている。それがF1の性質の一部だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / F1ベルギーGP